日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

正しいリカバリ手順の選択

寄稿者 netapp-martyh ntap-bmegan netapp-thomi NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

MetroCluster 構成で障害が発生した場合は、正しいリカバリ手順を選択する必要があります。次の表と例を使用して、適切なリカバリ手順を選択してください。

ディザスタサイトでの障害の範囲 手順
  • コントローラモジュールの障害はなし

  • 他のハードウェアで障害が発生した

  • 1 台のコントローラモジュールの障害またはコントローラモジュール内の FRU コンポーネントの障害

  • ドライブは障害状態ではありません

障害が 1 台のコントローラモジュールに限定されている場合は、プラットフォームモデルに対応したコントローラモジュール FRU 交換用手順を使用する必要があります。4 ノードまたは 8 ノードの MetroCluster 構成では、このような障害がローカル HA ペアに分離されます。

  • 注: * ドライブやその他のハードウェアに障害が発生していない場合は、コントローラモジュールの FRU 交換用手順を 2 ノード MetroCluster 構成で使用できます。

  • 1 台のコントローラモジュールの障害またはコントローラモジュール内の FRU コンポーネントの障害

  • ドライブで障害が発生している

  • 1 台のコントローラモジュールの障害またはコントローラモジュール内の FRU コンポーネントの障害

  • ドライブは障害状態ではありません

  • コントローラモジュールの外部にあるハードウェアでも障害が発生した

ドライブ割り当てのすべての手順を省略する必要があります。

  • DR グループ内の複数のコントローラモジュールの障害(その他の障害あり、またはなし)

MetroCluster FC-to IP 移行時のコントローラモジュール障害のシナリオ

リカバリ手順は、移行中にサイト障害が発生した場合に使用できます。ただし、この方法を使用できるのは、 FC DR グループと IP DR グループの両方が完全に設定された安定した混在構成の場合のみです。「 MetroCluster node show 」コマンドの出力には、 8 つのノードすべてを含む両方の DR グループが表示されます。

ノードの追加または削除を実行中に移行中に障害が発生した場合は、テクニカルサポートに連絡する必要があります。

8 ノード MetroCluster 構成でのコントローラモジュールの障害のシナリオ

障害シナリオ:

1 つの DR グループでの 1 台のコントローラモジュールの障害

この場合、障害は HA ペアに限定されます。

1 つの DR グループでの 2 台のコントローラモジュールの障害

この障害の場合は、スイッチオーバーが必要です。マルチコントローラモジュールの障害からのリカバリ用手順を使用できます。

このシナリオでは、環境の 4 ノード MetroCluster 構成も使用します。

MCC DR グループ 8 のノードで複数のコントローラの障害が発生した場合

別々の DR グループでの 1 台のコントローラモジュールの障害

この場合、障害は個別の HA ペアに限定されます。

MCC DR グループ 8 のノードで単一のコントローラ障害が 2 つ発生した場合

複数の DR グループにまたがる 3 台のコントローラモジュールの障害

この障害の場合は、スイッチオーバーが必要です。マルチコントローラモジュールの障害からのリカバリ用手順を DR グループ 1 に使用できます。

プラットフォーム固有のコントローラモジュールの FRU 交換用手順を DR グループ 2 に使用できます。

MCC DR グループ 8 のノードで 3 台のコントローラに障害が発生した場合

2 ノード MetroCluster 構成でのコントローラモジュールの障害のシナリオ

使用する手順は、障害の範囲によって異なります。

MCC DR グループ 2 のノードでコントローラの障害が 1 つの場合