日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP Select の内部および外部ネットワーク

寄稿者

ONTAP Select の内部ネットワークと外部ネットワークの特性。

ONTAP Select の内部ネットワーク

マルチノードバージョンの製品にのみ存在する内部 ONTAP Select ネットワークは、クラスタ通信、 HA インターコネクト、同期レプリケーションの各サービスを ONTAP Select クラスタに提供します。このネットワークには、次のポートとインターフェイスが含まれています。

  • * e0c 、 e0d 。 * クラスタネットワーク LIF をホストしています

  • * e0e 。 * RSM LIF をホストしています

  • * e0f 。 * HA インターコネクト LIF をホストします

このネットワークのスループットとレイテンシは、 ONTAP Select クラスタのパフォーマンスと耐障害性を決定する上で非常に重要です。クラスタのセキュリティを確保し、システムインターフェイスを他のネットワークトラフィックから分離するには、ネットワークの分離が必要です。そのため、このネットワークは ONTAP Select クラスタ専用にする必要があります。

注記 Select の内部ネットワークは、アプリケーショントラフィックや管理トラフィックなど、 Select のクラスタトラフィック以外のトラフィックに使用することはできません。ONTAP の内部 VLAN には、他の VM やホストを配置できません。

内部ネットワークを経由するネットワークパケットは、専用の VLAN タグ付きレイヤ 2 ネットワークで処理される必要があります。そのためには、次のいずれかの作業を行います。

  • VLAN タグ付きポートグループを内部仮想 NIC ( e0c~e0f )( VST モード)に割り当てる

  • アップストリームのスイッチが提供する、他のどのトラフィックにも使用されないネイティブ VLAN を使用する( VLAN ID なしのポートグループ、つまり EST モードを割り当て)

いずれの場合も、内部ネットワークトラフィックに対する VLAN タギングは ONTAP Select VM の外部で実行されます。

注記 ESX Standard および分散 vSwitch のみがサポートされます。他の仮想スイッチや ESX ホスト間の直接接続はサポートされていません。内部ネットワークは完全に開いている必要があります。 NAT やファイアウォールはサポートされていません。

ONTAP Select クラスタ内では、内部トラフィックと外部トラフィックが、ポートグループと呼ばれる仮想レイヤ 2 ネットワークオブジェクトを使用して分離されます。これらのポートグループに vSwitch を適切に割り当てることが、特にクラスタ、 HA インターコネクト、ミラーレプリケーションの各サービスを提供する内部ネットワークでは非常に重要です。これらのネットワークポートへのネットワーク帯域幅が不十分な場合、原因 のパフォーマンスが低下し、クラスタノードの安定性にも影響する可能性があります。したがって、 4 ノード、 6 ノード、および 8 ノードのクラスタでは、内部 ONTAP Select ネットワークに 10Gb 接続が必要で、 1Gb NIC はサポートされません。ただし外部ネットワークについては、 ONTAP Select クラスタへのデータのフローを制限しても動作の信頼性には影響しないため、帯域幅が低くても問題はありません。

2 ノードクラスタでは、 4 ノードクラスタに必要な 2 つの 10Gb ポートの代わりに、 4 つの 1Gb ポートまたは 1 つの 10Gb ポートを使用できます。サーバに 4 つの 10Gb NIC カードを装着できない環境では、内部ネットワーク用に 10Gb NIC カードを 2 つ、外部 ONTAP ネットワーク用に 1Gb NIC を 2 つ使用できます。

内部ネットワークの検証とトラブルシューティング

マルチノードクラスタの内部ネットワークは、ネットワーク接続チェッカー機能を使用して検証できます。この機能は、「 network connectivity-check start 」コマンドを実行している Deploy CLI から呼び出すことができます。

次のコマンドを実行してテストの出力を表示します。

network connectivity-check show --run-id X (X is a number)

このツールは、マルチノード Select クラスタでの内部ネットワークのトラブルシューティングにのみ使用します。このツールは、シングルノードクラスタ( vNAS 構成を含む)のトラブルシューティング、 ONTAP Deploy から ONTAP Select への接続、クライアント側の接続の問題のトラブルシューティングには使用しないでください。

クラスタ作成ウィザード( ONTAP Deploy GUI に付属)には、マルチノードクラスタの作成時に使用できるオプションの手順として、内部ネットワークチェッカーが含まれています。マルチノードクラスタでは内部ネットワークが果たす役割が大きいため、クラスタ作成ワークフローでこのステップを実行すると、クラスタ作成処理の成功率が向上します。

ONTAP Deploy 2.10 以降では、内部ネットワークで使用される MTU サイズを 7 、 500~9 、 000 に設定できます。また、ネットワーク接続チェッカーを使用して、 MTU サイズを 7 、 500~9 、 000 の範囲でテストすることもできます。デフォルトの MTU 値は、仮想ネットワークスイッチの値に設定されます。VXLAN などのネットワークオーバーレイが環境に存在する場合は、このデフォルト値をより小さい値に置き換える必要があります。

ONTAP Select 外部ネットワーク

ONTAP Select 外部ネットワークは、クラスタによるすべてのアウトバウンド通信を処理するため、シングルノードとマルチノードの両方の構成に存在します。このネットワークには、内部ネットワークのような厳しいスループット要件はありませんが、パフォーマンスの問題が ONTAP Select の問題と誤解される可能性があるため、管理者はクライアントと ONTAP VM の間にネットワークボトルネックが発生しないように注意する必要があります。

注記 内部トラフィックと同様に、外部トラフィックは vSwitch レイヤ( VST )および外部スイッチレイヤ( EST )でタグ付けできます。また、 VGT と呼ばれるプロセスで、 ONTAP Select VM 自体が外部トラフィックにタグ付けすることもできます。を参照してください "データトラフィックと管理トラフィックの分離" を参照してください。

次の表に、 ONTAP Select の内部ネットワークと外部ネットワークの主な違いを示します。

  • 内部ネットワークと外部ネットワークのクイックリファレンス *

説明 内部ネットワーク 外部ネットワーク

ネットワークサービス

クラスタ HA / IC RAID SyncMirror ( RSM )

データ管理クラスタ間( SnapMirror と SnapVault )

ネットワークの分離

必須

任意。

フレームサイズ( MTU )

7 、 500~9 、 000

1 、 500 (デフォルト) 9 、 000 (サポート対象)

IP アドレスの割り当て

自動で生成

ユーザ定義

DHCP サポート

いいえ

いいえ

NIC チーミング

高いパフォーマンスとフォールトトレランスに必要な帯域幅と耐障害性を内部ネットワークと外部ネットワークに確保するために、物理ネットワークアダプタのチーミングを推奨します。単一の 10Gb リンクを使用する 2 ノードクラスタ構成がサポートされます。ただし、ネットアップでは、 ONTAP Select クラスタの内部ネットワークと外部ネットワークの両方で NIC チーミングを使用することをベストプラクティスとして推奨しています。

MAC アドレスの生成

すべての ONTAP Select ネットワークポートに割り当てられた MAC アドレスは、付属の導入ユーティリティによって自動的に生成されます。このユーティリティは、ネットアップ固有のプラットフォーム専用 OUI ( Organizationally Unique Identifier )を使用して、 FAS システムとの競合がないことを確認します。その後のノードの導入時に同じアドレスが誤って割り当てられないように、このアドレスのコピーが ONTAP Select インストール VM ( ONTAP Deploy )の内部データベースに保存されます。ネットワークポートに割り当てられた MAC アドレスを管理者が変更することはできません。