日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP Select の概要

寄稿者

ONTAP Select は、ソフトウェアのみの ONTAP バージョンで、ハイパーバイザーホストに仮想マシンとして導入できます。これは、主要な FAS および AFF ONTAP 製品のスイートに加え、 Cloud Volumes ONTAP などのソフトウェアのみのその他のオプションを補完します。

Software-Defined Storage

IT サービスの実装と配布をソフトウェアを通じて行うことで、管理者はかつてないスピードと即応性でリソースを迅速にプロビジョニングできます。最新のデータセンターがソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャー( SDI )アーキテクチャーに移行すると、最も価値の高い IT 資産を基盤となる物理インフラストラクチャーから分離して、柔軟性、拡張性、プログラマビリティを提供できます。

DAS (直接接続型ストレージ)のサイロ間でデータが断片化されているコモディティ環境では、データの移動と管理が複雑な問題になっています。ソフトウェア・デファインド・ストレージ( SDS )は、 SDI 環境の重要な部分として、これらの問題やその他の問題に対処するために登場しました。

ONTAP Select は、 SDS 市場向けの NetApp 解決策 です。ONTAP Select は、 Software-Defined Data Center にエンタープライズクラスのストレージ管理機能を提供し、ネットアップデータファブリックアーキテクチャをモノのインターネット( IoT )や戦術的サーバなど、エッジの厳しいユースケースにまで拡張します。

2 つのソフトウェアコンポーネント

ONTAP Select は、次の 2 つの主要なソフトウェアコンポーネントで構成されます。

ONTAP Select ノード

ONTAP Select クラスタは、 1 ノード、 2 ノード、 4 ノード、 6 ノード、または 8 ノードで構成されます。各クラスタノードは個別の仮想マシンとして導入され、特別に設計されたバージョンの ONTAP 9 ソフトウェアを実行します。

ONTAP Select Deploy 管理ユーティリティ

Deploy 管理ユーティリティは、個別の Linux 仮想マシンとしてパッケージ化されてインストールされます。本番環境に ONTAP Select クラスタを導入するには、ユーティリティを使用する必要があります。最新バージョンの ONTAP Select ノードイメージが Deploy ユーティリティにバンドルされています。

注記 ONTAP Select 9.7 以降では、 Deploy 管理ユーティリティに個別のバージョン番号が割り当てられなくなりました。Deploy のバージョン番号は、関連する ONTAP Select リリースと同じです。ただし、特定の ONTAP Select リリース内の Deploy ユーティリティの更新ごとに、固有のビルド番号が割り当てられます。

一般的な導入の図

次の図は、 ONTAP Select Deploy 管理ユーティリティを使用して 4 ノード ONTAP Select クラスタを導入およびサポートしている状態を示しています。Deploy ユーティリティと ONTAP Select ノードは、専用のハイパーバイザーホスト上で個別の仮想マシンとして実行されます。

は、 Deploy 管理ユーティリティで作成された ONTAP Select 4 ノードクラスタを示しています。

ONTAP Select と ONTAP 9 の比較

ハードウェアベースの ONTAP と ONTAP Select は、どちらもエンタープライズクラスのストレージソリューションを提供します。ただし、設計と実装方法が異なるため、対応するビジネス要件や利用シナリオもそれぞれ異なります。ONTAP Select の導入を計画する前に、プラットフォーム間の主な違いを理解しておく必要があります。

HA アーキテクチャが異なります

クラスタで定義するノードの数に応じて、 ONTAP Select では HA 機能を利用できます。たとえば、 4 ノードクラスタは 2 つの HA ペアで構成されます。ONTAP Select で使用される HA アーキテクチャは、非共有のストレージモデルに基づいています。つまり、 HA ペアの一方のノードは、もう一方のノードが所有するストレージに直接アクセスできません。この設計は、 ONTAP Select の特定の動作特性に影響する可能性があります。

容量ベースのライセンス

ONTAP Select では、使用量に応じたライセンスモデルが導入されています。本番環境に ONTAP Select クラスタを導入する場合は、ストレージ容量を含むライセンスをノードごとまたは共有容量プールごとに購入する必要があります。Deploy ユーティリティを使用して、クラスタノードのストレージ容量を確立するライセンスファイルを適用する必要があります。

ONTAP 機能のライセンス

ONTAP Select クラスタ内の各ノードには、 ONTAP のいくつかの機能を使用するためのライセンスが自動的に付与されます。これらの機能ライセンスを手動でインストールしたり適用したりする必要はありません。

ONTAP の機能は ONTAP Select ではサポートされていません

一部の ONTAP 機能は ONTAP Select ではサポートされません。ほとんどの場合、これらの機能には仮想化された ONTAP Select 環境で使用できない特殊なハードウェアが必要です。

  • Fibre Channel Fibre Channel と Fibre Channel over Ethernet はサポートされていません。

  • インターフェイスグループインターフェイスグループ( IFGRP )はサポートされていません。

  • ヘルスモニタは、ハードウェアベースの ONTAP 環境で使用される従来のヘルスモニタは、基盤となるハードウェアコンポーネントに固有です。ONTAP Select で使用される仮想環境が原因で、ヘルスモニタはアクティブになりません。

  • NIC オフロードのサポート ONTAP Select で使用される仮想環境が原因で、 NIC オフロードファシリティはサポートされません。

  • クラスタ IPspace ポートの追加や削除など、クラスタ IPspace に対する変更はサポートされません。

  • ONTAP ポートのプロパティ速度、二重モード、フロー制御などの ONTAP ポートのプロパティの変更はサポートされていません。

  • サービスプロセッサ

  • ネットアップストレージ暗号化ドライブ