日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ハードウェアレベルの HA が有効になっていることを確認する

新しく設置したコントローラモジュールが、新しくではなく再利用された場合 - メンテナンスモードに切り替えて、モジュールの HA の状態が HA に設定されていることを確認する必要があります。

新しいコントローラモジュールを使用する場合は、 HA がデフォルトで有効になるため、この手順はスキップできます。それ以外の場合は、両方のノードでこの手順を実行する必要があります。

手順
  1. 最初のノードでメンテナンスモードに切り替えます。

    1. halt と入力してノードシェルを終了します。

      LOADER プロンプトが表示されます。

    2. 「 boot_ontap maint 」と入力して保守モードに切り替えます。

      情報が表示されると、メンテナンスモードのプロンプトが表示されます。

  2. メンテナンスモードで、コントローラモジュールとシャーシが HA 状態であることを確認します。

    1. 「 ha-config show 」と入力して、コントローラモジュールとシャーシの HA 状態を表示します。

    2. 表示されたコントローラの状態が「 ha 」でない場合は、「 ha-config modify controller ha 」と入力します。

    3. 表示されたシャーシの状態が「 ha 」でない場合は、「 ha-config modify chassis ha 」と入力します。

    4. 「 ha-config show 」と入力して、コントローラモジュールとシャーシの両方で HA が有効になっていることを確認します。

  3. ONTAP に戻る:

    1. 保守モードを終了するには 'halt と入力します

    2. 「 boot_ontap 」と入力して ONTAP をブートします

    3. ノードがブートし、クラスタセットアップウィザードがコンソール上で自動的に起動するまで待ちます。

    4. Enter キーを 4 回押して、ノード管理 LIF の既存の設定をそのまま使用します。

    5. ノードに admin ユーザとしてログインしますパスワードは必要ありません

  4. クラスタに追加するもう一方のノードで、この手順を繰り返します。