日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VSC を使用した ESXi 向けの FC の設定の概要

ONTAP System Manager 従来のインターフェイス( ONTAP 9.7 以前)を使用すると、 Storage Virtual Machine ( SVM )に FC サービスをセットアップし、 LUN をプロビジョニングし、 ESX ホストコンピュータで FC HBA を使用して LUN をデータストアとして使用できるように設定できます。

次の場合にこの手順を使用します。

  • サポートされているバージョンの Virtual Storage Console for VMware vSphere ( VSC )を使用して ESX ホストのストレージ設定とデータストアのプロビジョニングを行う。

  • ネットワークで IPv4 アドレスを使用している。

  • ESXi 5.x の従来の FC HBA と従来の FC スイッチを使用している。

    この手順では FCoE については説明しません。

  • クラスタの各ノードに使用可能な FC ターゲットポートが少なくとも 2 つある。

    オンボード FC ポートと UTA2 (別名「 CNA 」)ポート、および一部のアダプタは設定が可能です。これらのポートは ONTAP の CLI で設定しますが、この手順では説明しません。

  • FC SAN ブートを設定しない。

  • ホストにデータストアを作成する。

    この手順では、 raw デバイスマッピング( RDM )ディスクや、 N ポート ID 仮想化( NPIV )を使用した VM への FC の直接提供については説明していません。

詳細については、を参照してください "TR-4597 :『 VMware vSphere for ONTAP 』" および VSC リリースのドキュメントを参照してください。