日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データストアをプロビジョニングし、そのデータストアを格納する LUN とボリュームを作成する

データストアには、 ESXi ホストの仮想マシンとその VMDK が格納されます。ESXi ホストのデータストアは、ストレージクラスタの LUN にプロビジョニングします。

Virtual Storage Console for VMware vSphere ( VSC )をインストールし、 ESXi ホストを管理する vCenter Server に登録しておく必要があります。

VSC に、クラスタまたは Storage Virtual Machine ( SVM )に LUN およびボリュームを作成するための十分な権限が必要です。

VSC では、データストアを自動でプロビジョニングすることができ、 LUN とボリュームも指定した SVM に自動的に作成されます。

手順
  1. vSphere Web Client * Home * ページで、 * Hosts and Clusters * をクリックします。

  2. ナビゲーションペインで、データストアをプロビジョニングするデータセンターを展開します。

  3. ESXi ホストを右クリックし、 * NetApp VSC * > * Provision Datastore * を選択します。

    また、プロビジョニング時にクラスタを右クリックして、クラスタ内のすべてのホストでデータストアを使用できるようにすることもできます。

  4. ウィザードで必要な情報を指定します。

    VSC データストアプロビジョニングウィザードの最初のページの図。
    • データストアタイプとして * VMFS * を選択します。

    • VMFS プロトコルとして「 * FC/FCoE * 」を選択します。

    • ストレージ機能プロファイルとして「 * なし」を選択します。

    • 「シンプロビジョニング」のボックスを選択します。

    • [ 新しいボリュームの作成 *] チェックボックスをオンにします。