日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Red Hat Enterprise Linux 向けの FC の設定の概要

ONTAP ONTAP 9.7 以前のインターフェイスを使用して、 Storage Virtual Machine ( SVM )に FC サービスをセットアップし、 LUN をプロビジョニングし、 Red Hat Enterprise Linux サーバで FC ホストバスアダプタ( HBA )を使用して LUN を使用できるように設定することができます。

この手順を使用して SVM に FC サービスをセットアップします。状況:

  • ホストで Red Hat Enterprise Linux 6.4 以降のサポート対象バージョンが実行されている。

  • 従来の FC HBA およびスイッチを使用している。

    注記 この手順では Fibre Channel over Ethernet ( FCoE )については説明しません。
  • クラスタの各ノードに使用可能な FC ターゲットポートが少なくとも 2 つある。オンボード FC および UTA2 (別名「 CNA 」)ポート、および一部のアダプタは設定が可能です。これらのポートは ONTAP コマンドラインインターフェイス( CLI )で設定しますが、この手順では説明しません。

  • FC SAN ブートを設定しない。

上記の想定条件に該当しない場合は、次の資料を参照してください。

ONTAP でこれを行うその他の方法

実行するタスク

参照先

再設計された System Manager ( ONTAP 9.7 以降で使用可能)

"Linux サーバ用の SAN ストレージをプロビジョニング"

ONTAP コマンドラインインターフェイス( CLI )

"CLI での LUN セットアップのワークフロー"