日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

既存の SVM で FC を設定

既存の Storage Virtual Machine ( SVM )で FC を設定し、 LUN とその格納先ボリュームを作成するまでを、 1 つのウィザードで実行することができます。FC プロトコルがすでに有効になっているが、 SVM での設定はまだ完了していない必要があります。この情報は、 FC をまだ設定していない SVM に複数のプロトコルを設定するケースを想定しています。

FC ファブリックを設定し、ファブリックに必要な物理ポートを接続しておく必要があります。

手順
  1. SVMs ウィンドウに移動します。

  2. 設定する SVM を選択します。

  3. SVM ** の [Details] ペインで、プロトコルがイネーブルになっているが、完全には設定されていないことを示すグレーの背景が表示されていることを確認します。

    背景が緑の * FC/FCoE * と表示されている場合、 SVM はすでに設定されています。

    4 つのプロトコルの背景がいずれもグレーになっている詳細ページの図。
  4. 灰色の背景にある * FC/FCoE * プロトコルリンクをクリックします。

    FC / FCoE プロトコルの設定ウィンドウが表示されます。

  5. FC サービスと LIF を設定するには、 * FC / FCoE プロトコルの設定 * ページで次の手順を実行します。

    1. Configure Data LIFs for FC * チェックボックスをオンにします。

    2. [LIFs per node] フィールドに「 2 」と入力します。

      可用性を確保してデータ移動を可能にするために、ノードごとに 2 つの LIF が必要です。

    3. [FCP ストレージ用の LUN のプロビジョニング * ] 領域で、ホストイニシエータの LUN サイズ、ホストタイプ、 WWPN を入力します。

    4. [ 送信して閉じる ] をクリックします。

    FC の詳細を入力する SVM セットアップウィザードのステップ 4 の図。
  6. 「 * Summary * 」ページを確認し、 LIF 情報を記録して「 * OK 」をクリックします。