日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Red Hat Enterprise Linux 向けの iSCSI の設定の概要

ONTAP System Manager の従来のインターフェイス( ONTAP 9.7 以前)を使用すると、 Storage Virtual Machine ( SVM )に iSCSI サービスを簡単にセットアップし、 LUN をプロビジョニングして、 Red Hat Enterprise Linux サーバで LUN を使用できるようにすることができます。

これらの手順は、次の前提に基づいています。

  • RHEL シリーズ 6.4 以降のサポート対象バージョンを実行している Red Hat Enterprise Linux ホストで iSCSI ソフトウェアイニシエータを使用している。

  • ネットワークで IPv4 アドレスを使用している。

  • 次のいずれかの方法で論理インターフェイスにアドレスを割り当てる。

    • 定義したサブネットから自動で割り当てられます

    • 既存のサブネットから選択したアドレスを使用して、手動で割り当てます

    • 既存のサブネットに追加するアドレスを使用して、手動で割り当てます

  • iSCSI SAN ブートを設定しない。

ONTAP で特定のホストを設定する方法の詳細については、を参照してください "ONTAP SAN ホスト構成"

SAN の管理の詳細については、を参照してください "ONTAP 9 SAN の管理の概要"

ONTAP でこれを行うその他の方法

実行するタスク

参照先

再設計された System Manager ( 9.7 以降で使用可能)

"Linux サーバ用の SAN ストレージをプロビジョニング"

ONTAP コマンドラインインターフェイス( CLI )

"CLI での LUN セットアップのワークフロー"