日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ターゲットとの iSCSI セッションを開始します

Linux ホストには、ストレージクラスタ内の各ノード(ターゲット)との iSCSI 接続が必要です。セッションはホストから確立します。

ONTAP では、 iSCSI ホストからクラスタ内の各ノードへのパスを設定する必要があります。DM-Multipath で、使用する最適なパスが選択されます。パスに障害が発生した場合は、 DM-Multipath で代替パスが選択されます。

手順
  1. Linux ホストのコマンドプロンプトから iSCSI サービスを開始します。「 service iscsid force-start

  2. iSCSI ターゲットを検出します「 iscsiadm — mode discovery — op update — type sendtargets — portal TargetIP

    検出された各ターゲットの IP アドレスが別々の行に表示されます。

  3. 各ターゲットにログインして iSCSI セッションを確立します「 iscsiadm — mode node -l all

  4. アクティブな iSCSI セッションのリストを表示できます「 iscsiadm — mode session