日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager ONTAP 9.7 以前を使用する場合の LUN を含む FlexVol の操作に関するガイドライン

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)では、 LUN を含む FlexVol を操作する場合、 Snapshot コピーのデフォルト設定を変更する必要があります。LUN のレイアウトを最適化して管理を簡易化することもできます。

Snapshot コピーは、 SnapMirror 、 SyncMirror 、ダンプとリストア、 ndmpcopy など、多くのオプション機能で必要となります。

ボリュームを作成すると、 ONTAP によって次の処理が自動的に実行されます。

  • Snapshot コピー用にスペースの 5% をリザーブします

  • Snapshot コピーをスケジュールします

ONTAP 内で Snapshot コピーを作成する内部スケジュールメカニズムでは、 LUN 内のデータの整合性が保証されません。したがって、次のタスクを実行して、 Snapshot コピーの各設定を変更する必要があります。

  • Snapshot コピーの自動スケジュールを無効にします。

  • 既存の Snapshot コピーをすべて削除します。

  • Snapshot コピー用にリザーブされるスペースの割合をゼロに設定します。

LUN を含むボリュームを作成するときは、次のガイドラインに従う必要があります。

  • システムのルートボリュームには LUN を作成しないでください。

    ONTAP は、このボリュームを使用してストレージシステムを管理します。デフォルトのルートボリュームは /vol/vol0 です。

  • SAN ボリュームを使用して LUN を格納します。

  • LUN を含むボリュームには、他のファイルやディレクトリを配置しないようにします。

    これができず、 LUN とファイルを同じボリュームに格納する場合は、別個の qtree を使用して LUN を格納します。

  • 複数のホストが同じボリュームを共有する場合は、そのボリュームに qtree を作成し、同じホストのすべての LUN を格納します。

    これは、 LUN の管理と追跡を簡素化するためのベストプラクティスです。

  • 管理しやすくするために、 LUN およびボリュームに、それらの所有権または使用方法を反映した名前を付けます。

  • 関連情報 *