日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System ManagerでのONTAP ネームサービススイッチの設定について- ONTAP 9.7以前

ONTAP System Managerクラシック(ONTAP 9.7以前で使用可能)では、UNIXシステムの/etc/nsswitch.confファイルに相当するテーブルにネームサービス設定情報が格納されます。このテーブルを環境に応じて適切に設定するためには、その機能と ONTAP でテーブルがどのように使用されるかを理解しておく必要があります。

ONTAP ネームサービススイッチテーブルは、 ONTAP が特定の種類のネームサービス情報を取得する際にどのネームサービスソースをどの順番で参照するかを決定します。ONTAP では、 SVM ごとに個別のネームサービススイッチテーブルが保持されます。

データベースタイプ

テーブルには、次の各データベースタイプについてネームサービスのリストが格納されます。

データベースタイプ ネームサービスソースの用途 有効なソース

ホスト

ホスト名の IP アドレスへの変換

ファイル、 DNS

グループ

ユーザグループ情報を検索しています

files 、 nis 、 ldap が表示されます

パスワード

ユーザ情報を検索しています

files 、 nis 、 ldap が表示されます

ネットグループ

ネットグループ情報の検索

files 、 nis 、 ldap が表示されます

namemap

ユーザ名のマッピング

ファイル、 LDAP

ソースタイプ

ソースタイプによって、該当する情報を取得するために使用するネームサービスソースが決まります。

ソースタイプ 情報の検索先 使用するコマンド

ファイル

ローカルのソースファイル

「 vserver services name-service unix-user

「 vserver services name-service unix-group 」を参照してください

vserver services name-service netgroup

「 vserver services name-service dns hosts 」という名前になります

NIS

SVM の NIS ドメイン設定で指定された外部の NIS サーバ

「 vserver services name-service nis-domain 」です

LDAP

SVM の LDAP クライアント設定で指定された外部の LDAP サーバ

vserver services name-service ldap

DNS

SVM の DNS 設定で指定された外部の DNS サーバ

vserver services name-service dns

データアクセスと SVM 管理者の両方の認証に NIS または LDAP を使用する場合も、 NIS 認証または LDAP 認証が失敗した場合に備え、「 files 」を含め、ローカルユーザをフォールバックとして設定する必要があります。

  • 関連情報 *