日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ミラーされたアグリゲートの機能

寄稿者 netapp-ivanad

ミラーされたアグリゲートには、 2_bプレックス _ (データコピー)があります。これらのアグリゲートでは、 SyncMirror 機能を使用してデータを複製し、冗長性を確保します。

ミラーされたアグリゲートが作成されると(または既存のミラーされていないアグリゲートに 2 つ目のプレックスが追加されると)、 ONTAP は元のプレックス( plex0 )のデータを新しいプレックス( plex1 )に複製します。プレックスは物理的に分離されており(各プレックスには独自の RAID グループと独自のプールがあり)、同時に更新されます。これにより、アグリゲートの RAID レベルで保護されるディスク数よりも多くのディスクで障害が発生した場合や接続が切断された場合に、影響を受けていないプレックスでデータの提供を継続しながら障害の原因を修正できるため、データ損失を防止できます。問題のあるプレックスが修正されたら、 2 つのプレックスが再同期化され、ミラー関係が再確立されます。

システムのディスクとアレイ LUN は、 pool0 と pool1 の 2 つのプールに分かれています。plex0 は pool0 からストレージを取得し、 plex1 は pool1 からストレージを取得します。

次の図は、 SyncMirror 機能を有効にして実装したディスクで構成されるアグリゲートを示しています。アグリゲートの plex1 用に 2 つ目のプレックスが作成されています。plex1 のデータは plex0 のデータの複製であり、 RAID グループも同じです。32 本のスペアディスクが pool0 または pool1 に割り当てられ、各プールに 16 本のディスクが割り当てられます。

この図は上述の説明を表したものです。

次の図は、 SyncMirror 機能を有効にして実装したアレイ LUN で構成されるアグリゲートを示しています。アグリゲートの plex1 用に 2 つ目のプレックスが作成されています。plex1 は plex0 の複製であり、 RAID グループも同じです。

この図は上述の説明を表したものです。