日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager を使用した SVM 関係 - ONTAP 9.7 以前

寄稿者

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、 SVM 間のミラー関係およびミラーとバックアップ関係を作成および管理できます。Storage Virtual Machine ( SVM )ディザスタリカバリ( DR )は、 SVM レベルのディザスタリカバリ機能で、 SVM のコンスティチュエントボリュームに含まれるデータおよび SVM の設定をリカバリすることができます。

SVM 関係を作成

System Manager を使用して、ソース SVM からデスティネーション SVM にデータを転送する SVM 関係を作成することができます。SVM 関係を作成すると、ソース SVM とデスティネーション SVM の両方からデータを利用できるため、災害からの復旧に役立ちます。

作業を開始する前に
  • デスティネーションクラスタとソースクラスタで ONTAP 9.5 以降が実行されている必要があります。

  • デスティネーションクラスタを MetroCluster 構成に含めることはできません。

  • System Manager 9.6 以降では、 Fabric Pool がサポートされます。

手順
  1. [ * 保護 * > * SVM 関係 * > * 作成 * ] をクリックします。

  2. SVM 関係のタイプを * SVM 関係タイプ * リストから選択します。

  3. ソース Storage Virtual Machine * ペインで、クラスタと SVM を選択します。

  4. *オプション:必要な権限がないSVMを表示するには、*ソースクラスタに移動*をクリックして、必要な権限を指定します。

  5. デスティネーション Storage Virtual Machine * ペインで、デスティネーションクラスタに作成する SVM の名前を指定します。

  6. ソース SVM の設定をコピーするオプションを選択します。

  7. オプション:*クリック* 、保護ポリシーと保護スケジュールを更新し、アグリゲートを選択して、保護関係を初期化します。

  8. Save * をクリックして、 SVM 関係を作成します。

    SVM Relationships : Summary ウィンドウが表示されます。

  9. [* 完了 * ( Done * ) ] をクリックしてプロセスを完了します。

SVM 関係を編集

System Manager を使用して、 SVM 関係のプロパティを変更できます。

手順
  1. [ * 保護 * > * SVM 関係 * ] をクリックします。

  2. 変更する SVM 関係を選択し、 * Edit * をクリックします。

  3. SVM 関係のタイプを選択します。

    ONTAP 9.3 より前に作成された SVM 関係の場合、そのタイプを「ミラー」から「ミラーとバックアップ」に変更することはできません。

  4. 保護ポリシー、保護スケジュール、およびソース SVM の設定をコピーするオプションを必要に応じて変更します。

  5. [ 保存( Save ) ] をクリックして、変更を保存します。

SVM 関係を管理

System Manager を使用して、 SVM 関係の初期化、 SVM 関係の更新、デスティネーション SVM のアクティブ化、ソース SVM からのデータの再同期、デスティネーション SVM からのデータの再同期、ソース SVM の再アクティブ化など、 SVM 関係に対するさまざまな処理を実行できます。

作業を開始する前に
  • SVM 関係を初期化するには、ソースクラスタとデスティネーションクラスタで正常なピア関係が確立されている必要があります。

  • SVM 関係を更新するには、 SVM 関係が初期化されて SnapMirror 済みの状態である必要があります。

  • ソース SVM を再アクティブ化するには、デスティネーション SVM からのデータの再同期(逆再同期)処理を実行しておく必要があります。

  • SVM 関係を作成する際にソース SVM の設定をコピーするオプションを選択した場合は、 SVM 関係をアクティブ化するためにソース SVM を停止する必要があります。

  • ソースクラスタとデスティネーションクラスタで SnapMirror ライセンスが有効になっている必要があります。

  • ソースクラスタとデスティネーションクラスタで正常なピア関係が確立されている必要があります。

  • デスティネーションクラスタの使用可能なスペースを確保する必要があります。

  • ソース SVM に SVM ピアリングの権限が必要です。

  • デスティネーション SVM のアクティブ化、ソース SVM からの再同期、デスティネーション SVM からの再同期(逆再同期)、およびソース SVM の再アクティブ化を行うには、 SVM 関係を解除する必要があります。

  • ソース SVM を再アクティブ化するには、 SVM の逆方向の関係が存在し、かつ SnapMirror 済みの状態である必要があります。

手順
  1. [ * 保護 * > * SVM 関係 * ] をクリックします。

  2. SVM 関係を選択し、該当する操作を実行します。

    状況 実行する処理

    SVM 関係を初期化

    1. [* Operations] * > [* Initialize] をクリックします。

      初期化( Initialize )ダイアログボックスが表示されます。

    2. [Initialize (初期化) ] をクリックします

    SVM 関係を更新

    1. [* 操作 > 更新 *] をクリックします。

      [ 更新( Update ) ] ダイアログボックスが表示されます。

    2. [ 更新( Update ) ] をクリックします。

    デスティネーション SVM のアクティブ化デスティネーション SVM のアクティブ化では、スケジュールされた SnapMirror 転送の休止、実行中の SnapMirror 転送の中止、 SVM 関係の解除、デスティネーション SVM の起動が実行されます。

    1. Operations * > * Activate Destination SVM * をクリックします。

      デスティネーション SVM のアクティブ化ダイアログボックスが表示されます。

    2. 「 * OK 」を選択してデスティネーション SVM をアクティブ化し、関係を解除します * 。

    3. [Activate (有効化) ] をクリックします

    ソース SVM からデータを再同期します。再同期処理では、 SVM 設定のベースラインが再設定されます。ソース SVM から再同期を実行して、 2 つの SVM 間で解除された関係を再確立できます。再同期が完了すると、デスティネーション SVM とソース SVM に同じ情報が格納され、デスティネーション SVM で以降の更新が予定されます。

    1. [* Operations] * > [* Resync from Source SVM* ] をクリックします。

      ソース SVM から再同期( Resync from Source SVM )ダイアログボックスが表示されます。

    2. 「 * OK 」を選択すると、デスティネーション SVM * にある新しいデータがすべて削除されます。

    3. [* Resync] をクリックします。

    デスティネーション SVM からデータを再同期する(逆再同期)デスティネーション SVM からデータを再同期すると、 2 つの SVM 間に新しい関係を作成できます。この処理の実行中は、デスティネーション SVM がデータの提供を継続し、ソース SVM がデスティネーション SVM の設定とデータをバックアップします。

    1. Operations * > * Resync from Destination SVM (逆再同期) * をクリックします。

      デスティネーション SVM からの再同期(逆再同期)ダイアログボックスが表示されます。

    2. SVM に複数の関係がある場合は、「 * この SVM に複数の関係があります。他の関係を解除する * 」チェックボックスを選択します。

    3. 「 * OK 」を選択して、ソース SVM * の新しいデータを削除します。

    4. 逆再同期 * をクリックします。

    ソース SVM を再アクティブ化するソース SVM の再アクティブ化では、ソース SVM とデスティネーション SVM 間の SVM 関係の保護と再作成が行われます。SVM 関係を作成する際にソース SVM の設定をコピーするオプションを選択した場合は、デスティネーション SVM でデータの処理が中止されます。

    1. [* Operations] * > [* Reactivate Source SVM* ] をクリックします。

      ソース SVM の再アクティブ化ダイアログボックスが表示されます。

    2. デスティネーション SVM への再アクティブ化を開始するには、 * Initiate Reactivation * をクリックします。

    3. [ 完了( Done ) ] をクリックします。

SVM Relationships ウィンドウ

SVM 関係ウィンドウを使用して、ミラー関係や、 SVM 間のミラーとバックアップ関係を作成および管理できます。

コマンドボタン

  • * 作成 * 。

    SVM のディザスタリカバリページを開きます。このページで、ミラー関係を作成したり、デスティネーションボリュームからミラーとバックアップ関係を作成したりできます。

  • * 編集 * 。

    関係のスケジュールとポリシーを編集できます。

    ミラーとバックアップ関係またはバージョンに依存しないミラー関係については、ポリシーのタイプを変更することで関係のタイプを変更できます。

  • * 削除 *

    関係を削除できます。

  • * 操作 *

    次のオプションが用意されています。

    • * 初期化 *

      SVM 関係を初期化して、ソース SVM からデスティネーション SVM へのベースライン転送を実行できます。

    • * アップデート *

      ソース SVM からデスティネーション SVM にデータを更新できます。

    • * デスティネーション SVM をアクティブ化 *

      デスティネーション SVM をアクティブ化できます。

    • * ソース SVM から再同期 *

      解除した関係の再同期を開始できます。

    • * デスティネーション SVM から再同期(逆再同期) *

      デスティネーション SVM からソース SVM に関係を再同期できます。

    • * ソース SVM を再アクティブ化 *

      ソース SVM を再アクティブ化できます。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

SVM 関係のリスト

  • * ソース Storage Virtual Machine *

    関係におけるデータのミラー元でありバックアップ元であるボリュームを含む SVM が表示されます。

  • * デスティネーション Storage Virtual Machine *

    関係におけるデータのミラー先でありバックアップ先であるボリュームを含む SVM が表示されます。

  • * は正常です *

    関係が正常であるかどうかが表示されます。

  • * 関係の状態 *

    Snapmirrored 、 Uninitialized 、 Broken Off など、関係の状態が表示されます。

  • * 転送ステータス *

    関係のステータスが表示されます。

  • * 関係タイプ *

    ミラー、ミラーとバックアップなど、関係のタイプが表示されます。

  • * 遅延時間 *

    遅延時間は、現在の時刻と、デスティネーションシステムに正常に転送された最後の Snapshot コピーのタイムスタンプとの差です。ソースシステムとデスティネーションシステムのクロックが同期されていないかぎり、遅延時間は常に、最後に成功した転送の時間以上になります。遅延時間の計算ではタイムゾーンの時差が自動的に含められます。

  • * ポリシー名 *

    関係に割り当てられているポリシーの名前が表示されます。

  • * ポリシータイプ *

    関係に割り当てられているポリシーのタイプが表示されます。ポリシーのタイプは、 StrictSync 、 Sync 、非同期ミラー、非同期バックアップ、非同期ミラーバックアップのいずれかです。

詳細領域

  • * 詳細タブ *

    選択した関係に関する、ソースクラスタとデスティネーションクラスタ、 SVM に関連付けられている保護関係、データ転送率、関係の状態、ネットワーク圧縮率、データ転送の状態、現在のデータ転送の種類、前回のデータ転送の種類などの一般的な情報が表示されます。 最新の Snapshot コピー、最新の Snapshot コピーのタイムスタンプ、 ID 保持のステータス、保護されているボリュームの数。

  • * [ 保険契約の詳細 ] タブ *

    選択した保護関係に割り当てられているポリシーに関する詳細が表示されます。