日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、 FlexVol ボリュームのスペースリザベーションを使用します

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)では、スペースリザベーションを使用して FlexVol ボリュームをプロビジョニングできます。シンプロビジョニングを使用すると、すべてのストレージが使用中でないかぎり、アグリゲートの実際の使用可能容量よりも多くのストレージを割り当てることが可能です。

シックプロビジョニングでは、ボリューム内のブロックにいつでも書き込むことができるように、アグリゲートの十分なストレージが確保されます。

アグリゲートは、複数の Storage Virtual Machine ( SVM )に含まれるボリュームにストレージを提供できます。シンプロビジョニングを使用していて、 SVM 同士を厳密に分離する必要がある場合(たとえば、マルチテナンシー環境でストレージを提供している場合など)、全容量が割り当てられたボリューム(シックプロビジョニング)を使用するか、テナント間でアグリゲートが共有されないようにする必要があります。

スペースリザベーションが「デフォルト」に設定されている場合、 ONTAP のスペースリザベーション設定がボリュームに適用されます。

  • 関連情報 *