日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport ウィンドウ

寄稿者 netapp-ivanad

AutoSupport ウィンドウでは、システムの現在の AutoSupport 設定を確認できます。システムの AutoSupport 設定を変更することもできます。

コマンドボタン

  • * 有効 *

    AutoSupport 通知を有効にします。* Enable * がデフォルトです。

  • * 無効 *

    AutoSupport 通知を無効にします

  • * 編集 * 。

    Edit AutoSupport Settings ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、 E メール通知の送信元の E メールアドレスを指定したり、ホスト名の複数の E メールアドレスを追加したりできます。

  • * テスト *

    AutoSupport テストダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、 AutoSupport テストメッセージを生成できます。

  • * AutoSupport リクエスト *

    次の AutoSupport 要求を実行します。

    • * AutoSupport を生成 *

      選択したノードまたはすべてのノードの AutoSupport データを生成します。

    • * 前の概要を表示 *

      以前のすべての AutoSupport データのステータスと詳細を表示します。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

詳細領域

詳細領域には、ノード名、 AutoSupport のステータス、使用される転送プロトコル、プロキシサーバの名前など、 AutoSupport の設定情報が表示されます。