日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager の LUNs ウィンドウ - ONTAP 9.7 以前

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)の LUNs ウィンドウを使用して、 LUN の作成と管理、および LUN に関する情報の表示を行うことができます。イニシエータグループやイニシエータ ID を追加、編集、削除することもできます。

[LUN Management] タブをクリックします

このタブでは、 LUN の作成、クローニング、削除、移動、およびそれらの設定の編集を行うことができます。また、 LUN をストレージ QoS ポリシーグループに割り当てることもできます。

コマンドボタン

  • * 作成 * 。

    LUN 作成ウィザードを開きます。このウィザードで、 LUN を作成できます。

    既存の LUN が格納されていない AFF プラットフォーム上のクラスタでは、 FC SAN 向けに最適化された LUN の作成ダイアログボックスが開き、 FC SAN 向けに最適化された LUN を設定できます。

  • * クローン *

    Clone LUN ダイアログ・ボックスを開きますこのダイアログ・ボックスで ' 選択した LUN のクローンを作成できます

  • * 編集 * 。

    LUN の編集ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、選択した LUN の設定を編集できます。

  • * 削除 *

    選択した LUN を削除します。

  • * ステータス *

    選択した LUN のステータスをオンラインまたはオフラインに変更できます。

  • * 移動 *

    LUN の移動ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、選択した LUN を、同じ Storage Virtual Machine ( SVM )内の新しいボリュームまたは既存のボリュームまたは qtree に移動できます。

  • * ストレージ QoS *

    Quality of Service の詳細ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、新規または既存のポリシーグループに 1 つ以上の LUN を割り当てることができます。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

LUN リスト

  • * 名前 *

    LUN の名前が表示されます。

  • * SVM *

    LUN が作成された Storage Virtual Machine ( SVM )の名前が表示されます。

  • * コンテナパス *

    LUN が含まれているファイルシステム(ボリュームまたは qtree )の名前が表示されます。

  • * スペース予約 *

    スペースリザベーションが有効になっているかどうかを示します。

  • * 利用可能なサイズ *

    LUN で使用可能なスペースが表示されます。

  • * 合計サイズ *

    LUN の合計スペースが表示されます。

  • * % 使用済み *

    使用中の合計スペース(割合)が表示されます。

  • * タイプ *

    LUN タイプを示します。

  • * ステータス *

    LUN のステータスを示します。

  • * ポリシーグループ *

    LUN が割り当てられているストレージ QoS ポリシーグループの名前が表示されます。デフォルトでは、この列は表示されません。

  • * アプリケーション *

    LUN に割り当てられているアプリケーションの名前が表示されます。

  • * 概要 *

    LUN の概要が表示されます。

詳細領域

LUN リストの下の領域には、選択した LUN に関する詳細が表示されます。

  • * 詳細タブ *

    LUN に関する詳細が表示されます。これには、シリアル番号、クローンかどうか、概要、割り当てられているポリシーグループ、ポリシーグループの最小スループット、ポリシーグループの最大スループット、 LUN の移動処理の詳細などの情報が含まれます。 LUN に割り当てられているアプリケーションを特定します。選択した LUN に関連付けられているイニシエータグループとイニシエータに関する詳細も確認できます。

  • * パフォーマンスタブ *

    データ速度、 IOPS 、応答時間など、 LUN のパフォーマンス指標のグラフが表示されます。

    クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォーマンス指標のグラフも変わります。最新のグラフを表示するには、ブラウザの表示を更新します。

イニシエータグループタブ

イニシエータグループやイニシエータ ID の作成、削除、およびそれらの設定の編集を行うことができます。

コマンドボタン

  • * 作成 * 。

    イニシエータグループの作成ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、イニシエータグループを作成して、特定の LUN へのホストアクセスを制御できます。

  • * 編集 * 。

    イニシエータグループの編集ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、選択したイニシエータグループの設定を編集できます。

  • * 削除 *

    選択したイニシエータグループを削除します。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

イニシエータグループのリスト

  • * 名前 *

    イニシエータグループの名前が表示されます。

  • * タイプ *

    イニシエータグループでサポートされるプロトコルのタイプを示します。サポートされるプロトコルは、 iSCSI 、 FC / FCoE 、 Mixed ( iSCSI および FC / FCoE )です。

  • * オペレーティング・システム * :

    イニシエータグループのオペレーティングシステムを示します。

  • * ポートセット *

    イニシエータグループに関連付けられているポートセットが表示されます。

  • * イニシエータ数 *

    イニシエータグループに追加されているイニシエータの数が表示されます。

詳細領域

イニシエータグループリストの下の領域には、選択したイニシエータグループに追加されているイニシエータと、イニシエータグループにマッピングされている LUN に関する詳細が表示されます。

[ ポートセット ] タブ

ポートセットの作成、削除、およびそれらの設定の編集を行うことができます。

コマンドボタン

  • * 作成 * 。

    ポートセットの作成ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、ポートセットを作成して LUN へのアクセスを制限できます。

  • * 編集 * 。

    ポートセットの編集ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、ポートセットに関連付けるネットワークインターフェイスを選択できます。

  • * 削除 *

    選択したポートセットを削除します。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

ポートセットのリスト

  • * ポートセット名 *

    ポートセットの名前が表示されます。

  • * タイプ *

    ポートセットでサポートされるプロトコルのタイプを示します。サポートされるプロトコルは、 iSCSI 、 FC / FCoE 、 Mixed ( iSCSI および FC / FCoE )です。

  • * インターフェイス数 *

    ポートセットに関連付けられているネットワークインターフェイスの数が表示されます。

  • * イニシエータグループ数 *

    ポートセットに関連付けられているイニシエータグループの数が表示されます。

詳細領域