日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager を使用して ONTAP 9.7 以前を管理します

ONTAP システムマネージャクラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)では、クラスタ管理者によって割り当てられた権限に応じて、 Storage Virtual Machine ( SVM )管理者が SVM とそのリソース(ボリューム、プロトコル、サービスなど)を管理できます。SVM 管理者は、 SVM を作成、変更、または削除できません。

注記

SVM 管理者は、 System Manager にログインできません。

SVM 管理者は、次の管理作業のすべてまたは一部を実施できます。

  • データアクセスプロトコルの設定

    SVM 管理者は、 NFS 、 CIFS 、 iSCSI 、および Fibre Channel ( FC 、 FCoE を含む)などのデータアクセスプロトコルを設定できます。

  • サービスの設定

    SVM 管理者は、 LDAP 、 NIS 、 DNS などのサービスを設定できます。

  • ストレージ管理

    SVM 管理者は、ボリューム、クォータ、 qtree 、およびファイルを管理できます。

  • SAN 環境での LUN 管理

  • ボリュームの Snapshot コピーの管理

  • SVM の監視

    SVM 管理者は、ジョブ、ネットワーク接続、ネットワークインターフェイス、および SVM のヘルスを監視できます。

  • 関連情報 *