日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster のスイッチオーバーとスイッチバックの処理のウィンドウ

System Manager 9.6 以降では、 MetroCluster のスイッチオーバーとスイッチバックの処理のウィンドウを使用して、ネゴシエート(計画的)スイッチオーバーまたはサイト / クラスタ(サイト B )から別のサイト / クラスタ(サイト A )への計画外スイッチオーバーを開始できます。サイト B でメンテナンスや修復を実行したら、サイト A からサイト B へのスイッチバックを開始し、このウィンドウで処理のステータスを確認できます。

コマンドボタン

  • * サイト B からサイト A へのスイッチオーバー *

    サイト B からサイト A にスイッチオーバーするプロセスを開始します

  • * スイッチバックサイト A をサイト B に接続 *

    サイト A からサイト B にスイッチバックするプロセスを開始します

その他の操作

  • * サイト B クラスタ * に移動します

    サイト B のクラスタ管理 IP アドレスを入力します

  • * 計画外スイッチオーバー * のチェックボックス

    計画外スイッチオーバーを開始する場合は、「 Continue with Unplanned Switchover * 」(計画外スイッチオーバーを続行します * )チェックボックスをオンにします。

ステータス領域

スイッチオーバーまたはスイッチバックのプロセスが進むにつれて、 System Manager には次の方法でステータスが表示されます。

  • * 進捗状況のグラフ *

    処理の各フェーズと、それらが完了したフェーズが表示されます。フェーズは「スイッチオーバー」、「サイト B の処理」、および「スイッチバック」です。

  • * 詳細を表示 *

    MetroCluster の処理が進むにつれて、システムイベントとそのタイムスタンプがリストに表示されます。

  • * ローカル : サイト A *

    サイト A にあるクラスタの構成図と、処理の進捗に応じたサイトのステータスが表示されます。

  • * リモート:サイト B *

    サイト B にあるクラスタの構成図と、処理の進捗に応じたサイトのステータスが表示されます。

サイト B にログインし、 MetroCluster スイッチオーバーおよびスイッチバック操作ウィンドウを表示すると、サイト A のステータスは「非アクティブ」と表示され、サイト B のステータスは「 S WITCHOVER mode 」と表示されます。