日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

QoS ポリシーグループウィンドウ

寄稿者 netapp-ivanad

ストレージ QoS (サービス品質)は、パフォーマンス目標の達成に伴うリスクへの対応に役立ちます。ストレージ QoS を使用すると、ワークロードのスループットを制限したり、ワークロードのパフォーマンスを監視したりできます。QoS ポリシーグループウィンドウを使用して、ポリシーグループを管理したりそれらの情報を表示したりできます。

コマンドボタン

  • * 作成 * 。

    Create QoS Policy Group ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、新しいポリシーグループを作成できます。

  • * 編集 * 。

    [Edit QoS Policy Group] ダイアログボックスが開き、選択したポリシーグループを変更できます。

  • * 削除 *

    選択したポリシーグループを削除します。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

QoS ポリシーグループのリスト

QoS ポリシーグループのリストには、各ポリシーグループの名前と最大スループットが表示されます。

  • * 名前 *

    QoS ポリシーグループの名前が表示されます。

  • * 最小スループット *

    ポリシーグループに対して指定されている最小スループット制限が表示されます。

    最小スループット値を指定していない場合は、値として自動的に「 None 」が表示され、この値では大文字と小文字が区別されます。

  • * 最大スループット *

    ポリシーグループに対して指定されている最大スループット制限が表示されます。

    最大スループット値を指定しなかった場合は、値として自動的に「無制限」と表示され、大文字と小文字が区別されます。

  • * ストレージオブジェクト数 *

    ポリシーグループに割り当てられているストレージオブジェクトの数が表示されます。

詳細領域

QoS ポリシーグループのリストの下の領域には、選択したポリシーグループに関する詳細情報が表示されます。

  • * [ 割り当て済みストレージオブジェクト ] タブ *

    選択したポリシーグループに割り当てられているストレージオブジェクトの名前とタイプが表示されます。