日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前のストレージサービスの定義

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)には、対応する最小パフォーマンス要因にマッピングされた事前定義済みのストレージサービスが含まれています。

クラスタまたは SVM で実際に使用可能なストレージサービスは、 SVM 内のアグリゲートを構成するストレージのタイプによって決まります。

次の表に、定義済みのストレージサービスと対応する最小パフォーマンス要因を示します。

ストレージサービス 想定 IOPS ( SLA ) 最大 IOPS ( SLO ) 最小ボリューム IOPS 推定レイテンシ 想定 IOPS の適用

価値

TB あたり 128

TB あたり 512

75

17 ミリ秒

AFF の場合:はい

それ以外の場合:いいえ

パフォーマンス

TB あたり 2 、 048

TB あたり 4096

500

2 ミリ秒

はい。

最高レベル

TB あたり 6144

TB あたり 12288 回

1000

1 ミリ秒

はい。

次の表に、メディアまたはノードのタイプごとに使用可能なストレージサービスレベルを示します。

メディアまたはノード 使用可能なストレージサービスレベル

ディスク

価値

仮想マシンディスク

価値

FlexArray LUN の略

価値

ハイブリッド

価値

大容量フラッシュ

価値

ソリッドステートドライブ( SSD ) - AFF 以外のドライブです

価値

パフォーマンスが最適化されたフラッシュ - SSD ( AFF )

最高レベル、パフォーマンス、バリュー