日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager のストレージ階層ウィンドウ - ONTAP 9.7 以前

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 およびイヤエで使用可能)のストレージ階層ウィンドウを使用して、クラスタ全体のスペースの詳細を表示したり、アグリゲートの詳細を追加および表示したりできます。

内部階層パネル、またはパフォーマンス階層パネル:クラスタにオールフラッシュ(オール SSD )アグリゲートがある場合は、すべてのアグリゲートの合計サイズ、クラスタ内のアグリゲートで使用されているスペース、 およびクラスタ内の使用可能なスペースが表示されます。

クラウド階層パネルには、クラスタ内のライセンスで許可されているクラウド階層の総数、クラスタで使用されているライセンススペース、およびクラスタで使用可能なライセンススペースが表示されます。クラウド階層パネルには、ライセンスのない、使用中のクラウド容量も表示されます。

アグリゲートパネルには、アグリゲートの合計スペース、使用済みスペース、および使用可能なスペースの詳細がアグリゲートのタイプ別に表示されます。アクセス頻度の低いコールドデータがソリッドステートドライブ( SSD )またはオールフラッシュ FAS アグリゲートにある場合は、その使用スペースも表示されます。アグリゲートを選択してアグリゲート関連の操作を実行できます。

コマンドボタン

  • * アグリゲートの追加 *

    アグリゲートを作成できます。

  • * アクション *

    次のオプションが用意されています。

    • * ステータスを * に変更します

      選択したアグリゲートのステータスを次のいずれかに変更します。

      • * オンライン *

        このアグリゲートに含まれるボリュームへの読み取りおよび書き込みアクセスが許可されます。

      • * オフライン *

        読み取りおよび書き込みアクセスが許可されていません。

      • * 制限 *

        パリティの再構築などの一部の処理は許可されますが、データアクセスは許可されません。

    • * 容量を追加 *

      既存のアグリゲートに容量( HDD または SSD )を追加できます。

    • * キャッシュを追加 *

      既存の HDD アグリゲートまたは Flash Pool アグリゲートにキャッシュディスク( SSD )を追加できます。

      FabricPool 対応アグリゲートにはキャッシュディスクを追加できません。

    このオプションは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタでは使用できません。

    • * ミラー *

      アグリゲートをミラーリングできます。

    • * ボリューム移動 *

      FlexVol ボリュームを移動できます。

詳細領域

アグリゲート名をクリックすると、そのアグリゲートに関する詳細情報を確認できます。

  • * 概要タブ *

    選択したアグリゲートに関する詳細な情報が表示されます。これには、アグリゲートのスペース割り当て、アグリゲートのスペース削減、アグリゲートのパフォーマンスなどの情報が含まれます。

  • * ディスク情報タブ *

    選択したアグリゲートのディスクレイアウト情報が表示されます。

  • * Volumes (ボリューム)タブ *

    アグリゲート上の合計ボリューム数、合計アグリゲートスペース、およびアグリゲートにコミット済みのスペースについての詳細が表示されます。

  • * パフォーマンスタブ *

    スループットや IOPS など、アグリゲートのパフォーマンス指標のグラフが表示されます。スループットや IOPS についての読み取り、書き込み、および合計転送回数のパフォーマンス指標データが、 SSD と HDD で別々に表示されます。

    クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォーマンス指標のグラフも変わります。クライアントまたはクラスタのタイムゾーンを変更した場合、最新のグラフを表示するにはブラウザの表示を更新してください。

  • 関連情報 *