日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 9.7 以前の場合は、 System Manager の Storage Virtual Machine ウィンドウが開きます

Storage Virtual Machine ( SVM )を管理して、 Storage Virtual Machine に関する情報を表示するには、 ONTAP System Manger クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)の Storage Virtual Machines ウィンドウを使用します。

ディザスタリカバリ( DR )用に設定された SVM は、 System Manager で管理(作成、削除、開始、または停止)できません。また、ディザスタリカバリ用に設定された SVM に関連付けられたストレージオブジェクトも、アプリケーションインターフェイスで表示できません。

コマンドボタン

  • * 作成 * 。

    Storage Virtual Machine ( SVM )セットアップウィザードを開きます。このウィザードで、新しい SVM を作成できます。

  • * 編集 * 。

    Storage Virtual Machine の編集ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、選択した SVM のプロパティを変更できます。選択した SVM のネームサービススイッチ、ネームマッピングスイッチ、アグリゲートリストなどを変更できます。

  • * 削除 *

    選択した SVM を削除します。

  • * 開始 *

    選択した SVM を起動します。

  • * 停止 *

    選択した SVM を停止します。

  • * SVM 設定 *

    選択した SVM のストレージ、ポリシー、および設定を管理します。

  • * 保護オペレーション *

    次のオプションが用意されています。

    • * 初期化 *

      SVM 関係を初期化して、ソース SVM からデスティネーション SVM へのベースライン転送を実行できます。

    • * アップデート *

      ソース SVM からデスティネーション SVM にデータを更新できます。

    • * デスティネーション SVM をアクティブ化 *

      デスティネーション SVM をアクティブ化できます。

    • * ソース SVM から再同期 *

      解除した関係の再同期を開始できます。

    • * デスティネーション SVM から再同期(逆再同期) *

      デスティネーション SVM からソース SVM に関係を再同期できます。

    • * ソース SVM を再アクティブ化 *

      ソース SVM を再アクティブ化できます。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

  • * ファイルアクセスのトレース *

    選択した SVM にあるファイルや共有について、指定したユーザ名でアクセスできるかどうかをトレースできます。

SVM リスト

SVM リストには、各 SVM の名前と、その SVM で使用可能なプロトコルが表示されます。

System Manager で表示できるのはデータ SVM だけです。

  • * 名前 *

    SVM の名前が表示されます。

  • * 状態 *

    SVM の状態が表示されます。これには、実行中、開始中、停止中、停止中などの情報が含まれます。

  • * サブタイプ *

    SVM のサブタイプが表示されます。サブタイプは次のいずれかになります。

    • デフォルト

      SVM がデータ提供用 SVM であることを示します。

    • DP デスティネーション

      SVM がディザスタリカバリ用に設定されていることを示します。

    • sync-source (同期元)

      SVM が MetroCluster 設定のプライマリサイト内にあることを示します。

    • 同期先

      SVM が MetroCluster 構成のセカンダリサイト内にあることを示します。

  • * 許可されたプロトコル *

    各 SVM で許可されているプロトコル( CIFS 、 NFS など)が表示されます。

  • * IPspace *

    関連付けられている SVM の IPspace が表示されます。

  • * ボリュームタイプ *

    各 SVM で許可されているボリュームのタイプ( FlexVol など)が表示されます。

  • * 保護されている *

    SVM が保護されているかどうかが表示されます。

  • * 構成状態 *

    SVM の設定状態がロックされているかどうかが表示されます。

詳細領域

SVM のリストの下の領域には、選択した SVM に関する詳細情報が表示されます。これには、許可されているボリュームのタイプ、言語、 Snapshot ポリシーなどの情報が含まれます。

この SVM で許可されるプロトコルを設定することもできます。SVM の作成時にプロトコルを設定していない場合は、プロトコルのリンクをクリックしてプロトコルを設定できます。

System Manager を使用して、ディザスタリカバリ用に設定された SVM のプロトコルを設定することはできません。

注記

SVM に対してすでに FCP サービスが開始されている場合は、 FC および FCoE のリンクをクリックするとネットワークインターフェイスウィンドウが開きます。

プロトコル設定のステータスは色で示されます。

ステータス 説明

LIF が存在し、プロトコルが設定されています。リンクをクリックすると、設定の詳細を確認できます。

注記

設定は一部完了している可能性がありますただし、サービスは実行されています。LIF を作成して設定を完了するには、ネットワークインターフェイスウィンドウを使用します。

黄色

次のいずれかを示します。

  • LIF が存在します。サービスは作成されていますが実行されていません。

  • LIF が存在します。サービスが作成されていません。

  • サービスが作成されました。LIF は存在しません。

グレー

プロトコルが設定されていません。プロトコルのリンクをクリックしてプロトコルを設定できます。

グレーの枠線

プロトコルのライセンスがないか期限が切れています。プロトコルのリンクをクリックすると、 Licenses ページにライセンスを追加できます。

管理インターフェイスを追加し、保護関係、保護ポリシー、 NIS ドメインなどの詳細を表示することもできます。

詳細 * 領域には、 SVM のパブリック SSL 証明書へのリンクもあります。このリンクをクリックすると、次のタスクを実行できます。

  • 証明書の詳細、シリアル番号、開始日、および有効期限を表示します。

  • 証明書をクリップボードにコピーします。

  • 証明書の詳細を E メールで送信する。

ピア Storage Virtual Machines (ピア Storage Virtual Machines )領域で

選択した SVM とピア関係にある SVM のリストと、それらのピア関係を使用しているアプリケーションの詳細が表示されます。