日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 9.7 以前のシステムマネージャに、 Microsoft SQL Server over SAN を追加します

拡張タブを使用して、 Microsoft SQL Server over SAN のインスタンスを ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)に追加できます。

次の手順では、 * Microsoft SQL Server * インスタンスを SAN 経由で System Manager に追加する方法について説明します。エクスポートプロトコルとして SMB を選択できるのは、 CIFS 用のライセンスがクラスタに設定されている場合のみです。この設定は Storage Virtual Machine ( SVM )で行う必要があります。

手順
  1. [* アプリケーションと階層 >*Applications ] をクリックします

  2. [ 拡張 *] タブで、 [ * 追加 ] をクリックします

  3. メニューから * Microsoft SQL Server インスタンス * を選択します。

    注記

    ドロップダウンリストには、使用可能なすべてのアプリケーションタイプとテンプレートタイプのリストが含まれます。

    Microsoft SQL Server インスタンスの追加ウィンドウが表示されます。

  4. 次の情報を指定します。

    • データベース名

    • データベースのサイズと必要な ONTAP サービスレベル

    • サーバコアの数

    • ログのサイズと必要な ONTAP サービスレベル

    • tempdb 用にプロビジョニングします

      サーバを tempdb 用にプロビジョニングするかどうかを指定します。

    • エクスポートプロトコル( SMB または SAN )

      SAN を指定します

    • ホストオペレーティングシステム

    • LUN 形式

    • ホストマッピング

  5. [ アプリケーションの追加 ] をクリックします

Microsoft SQL Server over SAN インスタンスが System Manager に追加されます。