日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

エクスポートポリシーにルールを追加します

寄稿者 NetAppZacharyWambold netapp-ivanad

System Manager を使用してエクスポートポリシーにルールを追加して、データへのクライアントアクセスを定義できます。

エクスポートルールを追加するエクスポートポリシーを作成しておく必要があります。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [* Policies * (ポリシー * ) ] ペインで、 [* Export Policies (エクスポートポリシー * ) ] をクリックします。

  4. ルールを追加するエクスポートポリシーを選択し、 * エクスポートルール * タブで * 追加 * をクリックします。

  5. [ エクスポートルールの作成 * ( Create Export Rule * ) ] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。

    1. データへのアクセスを必要とするクライアントを指定します。

      複数のクライアントをカンマで区切って指定できます。

      クライアントは次のいずれかの形式で指定できます。

      • ホスト名として、例: host1

      • IPv4 アドレス。たとえば、 10.1.12.24 のように指定します

      • たとえば、 10.1.16.0/255.255.255.0 のように、ネットワークマスクを持つ IPv4 アドレスとして指定します

      • IPv6 アドレスとして。たとえば、 FE80::0202:B3FF:FE1E:8329 のように指定します

      • たとえば、 2001:db8::/32 のように、 IPv6 アドレスをネットワークマスクで指定します

      • ネットグループ。ネットグループ名の前にアットマーク( @ )が付いているネットグループ。例: @netgroup

      • 先頭にピリオド( . )が付いたドメイン名として使用できます。たとえば、 .example.com などです

      注記

      10.1.12.10-10.1.12.70 のように、 IP アドレスの範囲を入力することはできません。この形式のエントリはテキスト文字列と解釈され、ホスト名として扱われます。

      + + IPv4 アドレス「 0.0.0.0 /0 」を入力して、すべてのホストにアクセスできるようにします。

    2. ルールインデックス番号を変更する場合は、適切なルールインデックス番号を選択します。

    3. 1 つ以上のアクセスプロトコルを選択します。

      アクセスプロトコルを選択しなかった場合、デフォルト値の「 any 」がエクスポートルールに割り当てられます。

    4. 1 つ以上のセキュリティタイプとアクセスルールを選択します。

  6. [OK] をクリックします。

  7. 選択したエクスポートポリシーの * エクスポートルール * タブで、追加したエクスポートルールが表示されていることを確認します。