日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LUN のクローニング

寄稿者 netapp-ivanad

LUN クローンを使用すると、 LUN の読み書き可能なコピーを複数作成できます。System Manager を使用して、テスト用に LUN の一時的なコピーを作成できます。また、追加のユーザに本番環境のデータへのアクセスを許可することなく、それらのユーザが利用できるデータのコピーを作成することも可能です。

作業を開始する前に
  • ストレージシステムに FlexClone ライセンスがインストールされている必要があります。

  • LUN でスペースリザベーションが無効になっている場合、格納先のボリュームにクローンへの変更に対応できる十分なスペースが必要です。

このタスクについて
  • LUN クローンの作成時、 System Manager では LUN クローンの自動削除がデフォルトで有効になっています。

    ONTAP でスペースの節約のために自動削除がトリガーされると、 LUN クローンが削除されます。

  • SnapLock 上の LUN はクローニングできません。

手順
  1. [ * ストレージ * > * LUNs * ] をクリックします。

  2. [* LUN 管理 * ] タブで、クローンを作成する LUN を選択し、 [* クローン * ] をクリックします。

  3. デフォルト名を変更する場合は、 LUN クローンの新しい名前を指定します。

  4. [* Clone* ] をクリックします。

  5. 作成した LUN クローンが「 * LUNs 」ウィンドウに表示されていることを確認します。

    • 関連情報 *