日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager オプションを設定します( ONTAP 9.7 以前)

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)のロギングを有効にし、非アクティブ時のタイムアウト値を指定できます。

オプションは、 System Manager のログインウィンドウから設定できます。ただし、非アクティブ時のタイムアウト値を指定するには、アプリケーションにログインする必要があります。

手順
  1. * をクリックします*

  2. [Setup] ペインで、 [*General] をクリックします。

  3. ログレベルを指定します。

  4. 非アクティブ時のタイムアウト値を分単位で指定します。

    注記

    Security Assertion Markup Language ( SAML )認証を有効にしている場合は、このオプションを使用できません。

  5. [OK] をクリックします。