日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LUNs を作成します

寄稿者 NetAppZacharyWambold netapp-ivanad

空きスペースがある場合、 System Manager を使用して、既存のアグリゲート、ボリューム、または qtree の LUN を作成できます。既存のボリュームに LUN を作成したり、その LUN に対する新しい FlexVol を作成したりできます。また、ワークロードのパフォーマンスを管理するためにストレージ QoS を有効にすることもできます。

LUN ID を指定した場合、 System Manager は LUN を追加する前に ID の有効性をチェックします。LUN ID の指定を省略すると、 ONTAP ソフトウェアにより自動的に LUN ID が割り当てられます。

LUN マルチプロトコルタイプを選択する際は、各タイプの使用に関するガイドラインを考慮する必要があります。LUN マルチプロトコルタイプ、すなわちオペレーティングシステムのタイプにより、 LUN 上のデータのレイアウト、および LUN の最小サイズと最大サイズが決まります。LUN の作成後に、 LUN のホストオペレーティングシステムのタイプを変更することはできません。

MetroCluster 構成の場合、 LUN の FlexVol 作成時に System Manager に表示されるのは以下のアグリゲートのみです。

  • 通常モードの場合:プライマリサイトの同期元 SVM またはデータ提供用 SVM にボリュームを作成する場合、プライマリサイトのクラスタに属しているアグリゲートのみが表示される。

  • 切り替えモードの場合:フェイルオーバー先のサイトの同期先 SVM またはデータ提供用 SVM にボリュームを作成する場合、切り替えられたアグリゲートのみが表示される。

手順
  1. [ * ストレージ * > * LUNs * ] をクリックします。

  2. [* LUN 管理 * ] タブで、 [* 作成 ] をクリックします。

  3. LUN を作成する SVM を参照して選択します。

  4. LUN 作成ウィザード * で、 LUN の名前、サイズ、タイプ、概要を指定し、 * スペース・リザーブ * を選択して、 * 次へ * をクリックします。

  5. LUN 用の新しい FlexVol ボリュームを作成するか、既存のボリュームまたは qtree を選択し、 * Next * をクリックします。

  6. LUN へのホストアクセスを制御する場合はイニシエータグループを追加し、 * Next * をクリックします。

  7. LUN のワークロードパフォーマンスを管理する場合は、 [ サービス品質の管理 ] チェックボックスをオンにします。

  8. 新しいストレージ QoS ポリシーグループを作成するか、または既存のポリシーグループを選択して、 LUN の入出力( I/O )のパフォーマンスを制御します。

    状況 手順

    新しいポリシーグループを作成します

    1. [ 新しいポリシーグループ *] を選択します

    2. ポリシーグループの名前を指定します。

    3. 最小スループット制限を指定します。

      • System Manager 9.5 では、パフォーマンスがオールフラッシュで最適化されている場合にのみ最小スループット制限を設定できます。System Manager 9.6 では、 ONTAP Select Premium システムにも最小スループット制限を設定できます。

      • FabricPool 対応アグリゲートでは、ボリュームの最小スループット制限を設定することはできません。

      • 最小スループット値を指定しない場合、または最小スループット値が 0 に設定されている場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

        この値では大文字と小文字が区別されます。

    4. 最大スループット制限を指定します。ポリシーグループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。

      • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。

      • 最小スループット制限を指定しない場合は、 IOPS 、 B/ 秒、 KB/ 秒、 MB/ 秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。

      • 最大スループット値を指定しない場合は、値として自動的に「無制限」と表示され、大文字と小文字が区別されます。

        指定した単位は無視されます。

    既存のポリシーグループを選択してください

    1. [ ポリシーグループの選択 ] ダイアログボックスで、 [ 既存のポリシーグループ ] を選択し、 [*Choose] をクリックして既存のポリシーグループを選択します。

    2. 最小スループット制限を指定します。

      • System Manager 9.5 では、パフォーマンスがオールフラッシュで最適化されている場合にのみ最小スループット制限を設定できます。System Manager 9.6 では、 ONTAP Select Premium システムにも最小スループット制限を設定できます。

      • FabricPool 対応アグリゲートでは、ボリュームの最小スループット制限を設定することはできません。

      • 最小スループット値を指定しない場合、または最小スループット値が 0 に設定されている場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

        この値では大文字と小文字が区別されます。

    3. 最大スループット制限を指定します。ポリシーグループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。

      • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。

      • 最小スループット制限を指定しない場合は、 IOPS 、 B/ 秒、 KB/ 秒、 MB/ 秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。

      • 最大スループット値を指定しない場合は、値として自動的に「無制限」と表示され、大文字と小文字が区別されます。

        指定した単位は無視されます。

      ポリシーグループが複数のオブジェクトに割り当てられている場合、指定した最大スループットはそれらのオブジェクトの合計スループットです。

  9. 指定された詳細情報を [* LUN summary] ウィンドウで確認し、 [Next] をクリックします。

  10. 詳細を確認し、 [* 終了 ] をクリックしてウィザードを完了します。

    • 関連情報 *