日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexGroup ボリュームを編集しています

寄稿者

System Manager 9.6 以降では、既存の FlexGroup ボリュームのプロパティを編集できます。

作業を開始する前に

FlexGroup はオンラインである必要があります。

このタスクについて

FabricPool FlexGroup ボリュームは、次の状況で拡張できます。

  • FabricPool FlexGroup ボリュームは、 FabricPool アグリゲートでのみ拡張できます。

  • FabricPool 以外の FlexGroup ボリュームは FabricPool 以外のアグリゲートでのみ拡張できます。

  • FlexGroup ボリュームに FabricPool ボリュームと FabricPool 以外のボリュームが混在している場合、 FlexGroup ボリュームは FabricPool アグリゲートと FabricPool 以外のアグリゲートの両方で拡張できます。

手順
  1. [* ストレージ > ボリューム *] をクリックします。

  2. SVM * フィールドのドロップダウンメニューで、 * すべての SVM * を選択します。

  3. 変更する FlexGroup ボリュームを選択し、 * 編集 * をクリックします。

  4. オプション: FlexGroup ボリュームの名前を変更する場合は、*名前*フィールドに新しい名前を入力します。

    System Manager 9.6 以降では、 FlexGroup DP ボリュームの名前も変更できます。

  5. オプション: encrypted *オプションを有効にして、ボリュームの暗号化を有効にします。

    このオプションを使用できるのは、ボリューム暗号化ライセンスを有効にした場合のみです。また、対応するプラットフォームで暗号化がサポートされている必要があります。

  6. Snapshot コピーリザーブの割合を指定します。

  7. * オプション: * クリック FlexGroup ボリュームの設定を変更します。を参照してください "FlexGroup ボリュームのアドバンストオプションの指定"

  8. FlexGroup ボリュームのサイズを変更するサイズを指定します。

    デフォルトでは、既存のアグリゲートを使用して FlexGroup ボリュームのサイズが変更されます。ボリュームに対して許容される最小サイズがサイズのフィールドの横に表示されます。

    注記

    新しいリソースを追加して FlexGroup ボリュームを拡張する場合は、をクリックします (アドバンストオプション)。を参照してください "FlexGroup ボリュームのアドバンストオプションの指定"

  9. [ 保存( Save ) ] をクリックして、変更を保存します。

    • 関連情報 *