日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、 SVM の設定を編集します

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、 Storage Virtual Machine ( SVM )のプロパティ(ネームサービススイッチ、ネームマッピングスイッチ、アグリゲートリストなど)を編集できます。

このタスクについて
  • SVM の次のプロパティの値を編集できます。

    • ネームサービススイッチ

    • データのやり取りに使用できるプロトコル

      注記

      SVM に CIFS プロトコルが設定されている場合、その SVM で CIFS プロトコルを無効にしても引き続きデータ処理に使用されます。

    • ボリュームの作成に使用できるアグリゲートのリスト

      注記

      FlexVol ボリュームの場合、アグリゲートを割り当てることができるのは、 SVM 管理者に管理を委譲している場合だけです。

  • System Manager では、 CLI を使用して作成された SVM や、 ONTAP によって設定されておらず、デフォルト値に設定されていない SVM については、ネームサービススイッチおよびネームマッピングスイッチの値は表示されません。

    サービスタブが無効になっているため、コマンドラインインターフェイスを使用してサービスを表示できます。

    System Manager でネームサービススイッチおよびネームマッピングスイッチが表示されるのは、 SVM を System Manager で作成した場合と、 SVM のサービスが ONTAP でデフォルト値に設定されている場合だけです。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [ * 詳細 * ] タブで、必要なデータプロトコルを変更します。

  4. リソース割り当て * タブで、ボリューム作成を委任する方法を次の中から 1 つ選択します。

    ボリューム作成をプロビジョニングするアグリゲート 作業

    すべてのアグリゲート

    ボリューム作成を委譲しない * オプションを選択します。

    特定のアグリゲートの場合

    1. [*Delegate volume creation *] オプションを選択します。

    2. ボリューム作成を委譲するアグリゲートを選択します。

  5. Service タブで、必要なデータベース・タイプのネーム・サービス・スイッチ・ソース、およびネーム・サービス情報取得時の各ソースの参照順序を指定します。

    各データベースタイプのデフォルト値は次のとおりです。

    • hosts :ファイル、 DNS

    • namemap :ファイル

    • グループ:ファイル

    • netgroup : files

    • passwd :ファイル

  6. [ 保存して閉じる ] をクリックします。

    • 関連情報 *