日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ピアリングパスフレーズを生成しています

寄稿者 netapp-ivanad

System Manager 9.6 以降では、ローカルクラスタの IPspace のパスフレーズを生成し、リモートクラスタでピア関係を作成するときに同じパスフレーズを使用できます。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster Peers* ] をクリックします。

  2. [Generate Peering Passphrase]( ピアリングパスフレーズの生成 ) を

    [Generate Peering Passphrase] ダイアログウィンドウが表示されます。

  3. 次のフィールドを設定します。

    • * IPspace * :プルダウンメニューから IPspace を選択します。

    • * パスフレーズの有効期限 * :パスフレーズを有効にする期間をドロップダウンメニューから選択します。

    • * SVM 権限 * :次のいずれかを選択します。

      • * すべての SVM * :クラスタへのアクセスをすべての SVM に許可します。

      • * 選択した SVM * 。クラスタへのアクセスを許可する SVM を指定します。指定するフィールドで SVM 名を選択します。

  4. リモートクラスタの有効なクラスタバージョンが ONTAP 9.6 より前の場合はチェックボックスを選択します。選択しないとクラスタピアリングが生成されません。

  5. [*Generate] をクリックしてパスフレーズを生成します。

    生成が完了すると、パスフレーズが記載されたメッセージが表示されます。

  6. パスフレーズを E メールで送信するかコピーする場合は、次のいずれかを実行します。

    • [ * 電子メールパスフレーズの詳細を送信する * ] をクリック

    • [* パスフレーズのコピー * ] をクリックします。