日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager ONTAP 9.7 以前を使用して LUN を移動します

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、 Storage Virtual Machine ( SVM )内で、格納先ボリュームから別のボリュームまたは qtree に LUN を移動できます。ハイパフォーマンスディスクを含むアグリゲートでホストされているボリュームに LUN を移動すると、 LUN へのアクセス速度が向上します。

このタスクについて
  • 同じボリューム内の qtree に LUN を移動することはできません。

  • CLI を使用してファイルから作成した LUN は、 System Manager を使用して移動することはできません。

  • LUN の移動処理は無停止で実行でき、移動中も LUN はオンラインでデータを提供することができます。

  • デスティネーションボリュームに割り当てられているスペースが LUN の格納に十分でない場合は、 System Manager を使用して LUN を移動することはできません。ボリュームで自動拡張が有効になっていても同様です。

    代わりに CLI を使用する必要があります。

  • SnapLock ボリューム上で LUN を移動することはできません。

手順
  1. [ * ストレージ * > * LUNs * ] をクリックします。

  2. [* LUN 管理 * ] タブで、 LUN のリストから移動する LUN を選択し、 [* 移動 ] をクリックします。

  3. デフォルト名を変更する場合は、 * LUN の移動 * ダイアログボックスの * 移動オプション * 領域で、 LUN の新しい名前を指定します。

  4. LUN の移動先のストレージオブジェクトを選択し、次のいずれかの操作を実行します。

    LUN の移動先 作業

    新しいボリューム

    1. 新しいボリュームを作成するアグリゲートを選択します。

    2. ボリュームの名前を指定します。

    既存のボリュームまたは qtree

    1. LUN を移動するボリュームを選択します。

    2. 選択したボリュームに qtree が含まれている場合、 LUN の移動先の qtree を選択します。

  5. [ 移動( Move ) ] をクリックします。

  6. LUN の移動処理を確認し、 * Continue * をクリックします。

    ごく短時間、移動した LUN が元のボリュームと移動後のボリュームの両方に表示されます。移動処理が完了すると、デスティネーションボリュームに LUN が表示されます。

    デスティネーションボリュームまたは qtree が、 LUN の新しいコンテナパスとして表示されます。