日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、基本テンプレートをプロビジョニングします

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、 SAP HANA の基本テンプレートを簡単にプロビジョニングできます。

クラスタ管理者は、基本テンプレートを設定してアプリケーションをプロビジョニングできます。ここでは、 * SAP HANA Server * を設定する例を示します。

手順
  1. [* アプリケーションと階層 >*Applications ] をクリックします

  2. Basic * タブで、 * SAP HANA Server * テンプレートを選択します。

  3. [ データベースの詳細 ] セクションで、次の項目を指定します。

    • データベース名

    • データベースサイズ

    • ログサイズ

    • tempdb サイズ

    • サーバコアの数

    • HA コントローラノードのスパニング

  4. [Provision Storage] をクリックします

SAP HANA Server アプリケーションがプロビジョニングされます。

  • 関連情報 *