日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックアップ関係のボリュームのリストア

寄稿者 netapp-ivanad

ソースデータが破損して使用できなくなった場合は、 System Manager を使用して、ソースボリュームまたはその他のボリュームに Snapshot コピーをリストアします。元のデータをデスティネーションボリュームの Snapshot コピーで置き換えることができます。

作業を開始する前に
  • ソースストレージシステムとデスティネーションストレージシステムの両方、またはソースボリュームを含むノードとデスティネーションボリュームを含むノードの両方で、 SnapMirror ライセンスが有効になっている必要があります。

  • ソースクラスタとデスティネーションクラスタで正常なピア関係が確立されている必要があります。

  • ソースアグリゲートやリストア処理の対象となるその他のアグリゲートは 64 ビットである必要があります。

  • ONTAP 9.2 以前のバージョンを実行しているクラスタから SAML 認証が有効になっているリモートクラスタに接続する場合は、リモートクラスタでパスワードベースの認証も有効にする必要があります。

このタスクについて
  • MetroCluster 構成のソースの Storage Virtual Machine ( SVM )とデスティネーションの SVM の間でバックアップ関係が確立されたボリュームはリストアできません。

  • MetroCluster 構成の同期元の SVM 間のバックアップ関係はリストアできます。

  • 同期元の SVM のボリュームからデフォルトの SVM へのバックアップ関係はリストアできます。

  • デフォルトの SVM のボリュームから同期元の SVM の DP ボリュームへのバックアップ関係はリストアできます。

手順
  1. [* 保護 >] 、 [ ボリューム関係 *] の順にクリックします。

  2. バックアップ関係を選択し、 * Operations * > * Restore * をクリックします。

  3. リストア * ダイアログボックスで、バックアップ関係のソースボリュームにデータをリストアするか、他のボリュームを選択します。

    データのリストア先 手順

    ソースボリューム

    1. 「 * ソースボリューム * 」を選択します。

    2. 手順 6. に進みます。

    その他のボリューム

    その他のボリューム * を選択し、リストからクラスタと SVM を選択します。

  4. データを新しいボリュームにリストアするか、既存のボリュームを選択します。

    データのリストア先 手順

    新しいボリューム

    デフォルトの名前を変更する場合は、「デスティネーション SVM _ 名前 _destination_volume_name _ 」の形式で表示されます。新しい名前を指定し、ボリュームの包含アグリゲートを選択します。

    既存のボリューム

    Select Volume (ボリュームの選択) * オプションを選択します。

    ソースボリューム以外のボリュームの中から、一部のデータだけを含み、残りは共通の Snapshot コピーを使用する読み書き可能ボリュームを選択する必要があります。

    言語属性がソースボリュームと同じボリュームだけが表示されます。

  5. 最新の Snapshot コピーを選択するか、リストアする特定の Snapshot コピーを選択します。

  6. 確認のチェックボックスを選択し、 Snapshot コピーからボリュームをリストアします。

  7. リストア処理中に転送されるデータを圧縮するには、 [ ネットワーク圧縮を有効にする ] チェックボックスをオンにします。

  8. [* リストア ] をクリックします。

    • 関連情報 *