日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、重複排除処理を実行します

ONTAP System Manager クラシック( 9.7 以前のバージョンで利用可能)を使用すると、重複排除を FlexVol ボリュームの作成直後に実行するか、またはスケジュールを設定して、指定した時間に実行することができます。

作業を開始する前に
  • ボリュームで重複排除が有効になっている必要があります。

  • ボリュームは、オンラインでマウントされている必要があります。

重複排除は、処理中にシステムリソースを消費するバックグラウンドプロセスであるため、実行中の他の処理に影響を与える可能性があります。他の処理を実行する前に、重複排除をキャンセルする必要があります。

手順
  1. [* ストレージ > ボリューム *] をクリックします。

  2. SVM * フィールドのドロップダウンメニューで、 * すべての SVM * を選択します。

  3. 重複排除を実行するボリュームを選択します。

  4. その他の操作 * > * Storage Efficiency * をクリックします。

  5. 初めてボリュームに対して重複排除を実行する場合は、 Storage Efficiency * ダイアログボックスで * ボリューム全体をスキャン * を選択して、ボリュームデータ全体に対して重複排除を実行します。

  6. [ スタート ] ボタンをクリックします。

  7. ボリュームウィンドウの * Storage Efficiency * タブで、重複排除処理の前回の実行結果を確認します。

    • 関連情報 *