日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、 FlexGroup ボリュームのアドバンストオプションを指定します

FlexGroup ボリュームを作成するときに、 ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前でサポート)を使用して、 FlexGroup ボリュームに関連付けるオプションを指定できます。

手順
  1. [ FlexGroup の作成 *] ウィンドウで、をクリックします をクリックして、アドバンストオプションを指定します。

    [ 詳細オプション ] ウィンドウが表示されます。このセクションにはセクション(左側の列の見出し)があり、さまざまなオプションを指定できます。

  2. 「 * 一般的な詳細」セクションで、スペースリザベーションとセキュリティ形式を選択し、ボリュームの UNIX 権限を設定します。

    次の制限事項に注意してください。

    • スペースリザベーションオプションは、 FabricPool アグリゲートに対しては使用できません。

    • シンプロビジョニングが有効になっている場合は、ボリュームにデータが書き込まれたときにのみ、アグリゲートからボリュームにスペースが割り当てられます。

    • オールフラッシュで最適化されたストレージシステムの場合はシンプロビジョニングがデフォルトで有効になり、その他のストレージシステムの場合はシックプロビジョニングがデフォルトで有効になります。

  3. アグリゲートセクションでは、アグリゲートの選択 * ボタンを有効にしてベストプラクティスのデフォルト値を上書きし、 FabricPool アグリゲートのリストから選択できます。

  4. 「スペースの最適化」セクションでは、ボリュームで重複排除を有効にできます。

    System Manager では、デフォルトの重複排除スケジュールが使用されます。指定したボリュームサイズが重複排除の実行が可能な最大サイズよりも大きい場合、ボリュームは作成されますが、重複排除は有効になりません。

    オールフラッシュで最適化されたシステムでは、インライン圧縮と「 auto 」重複排除スケジュールはデフォルトで有効になっています。

  5. 「 * QoS * (サービス品質)」セクションで、 FlexGroup ボリュームの入出力( I/O )パフォーマンスを制御するポリシーグループを指定します。

  6. [ 適用( Apply ) ] をクリックして、変更を更新する。