日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、 FlexClone ボリュームを親ボリュームからスプリットします

FlexClone ボリュームで親ボリュームのディスクスペースではなく独自のディスクスペースを使用する場合は、 System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して FlexClone ボリュームを親ボリュームからスプリットできます。スプリットした FlexClone ボリュームは通常の FlexVol になります。

FlexClone ボリュームはオンラインである必要があります。

AFF システムでないシステムの場合、クローンスプリット処理を実行するとクローンの既存の Snapshot コピーがすべて削除されます。SnapMirror 更新に必要な Snapshot コピーも削除されます。そのため、以降の SnapMirror 更新は失敗する可能性があります。

ボリュームで他の処理を実行する必要がある場合、クローンスプリット処理を一時停止できます。他の処理の完了後にクローンスプリット処理を再開できます。

手順
  1. [* ストレージ > ボリューム *] をクリックします。

  2. SVM * フィールドのドロップダウンメニューで、 * すべての SVM * を選択します。

  3. 親ボリュームからスプリットする FlexClone ボリュームを選択します。

  4. [ * その他のアクション * > * クローン * > * スプリット * ] をクリックします。

  5. クローンスプリット処理の FlexClone ボリュームの詳細を確認し、確認ダイアログボックスで「 * スプリットの開始」をクリックします。

    • 関連情報 *