日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用してクラスタをセットアップします

ONTAP システムマネージャクラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用してクラスタをセットアップできます。

クラスタのセットアップでは、設定情報を収集し、クラスタ管理インターフェイスとノード管理インターフェイスを作成し、ライセンスの追加、クラスタ時間の設定、 HA ペアの監視を行います。

クラスタ名を更新

System Manager を使用して、必要に応じてクラスタの名前を変更することができます。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster*] > [* Configuration Updates* ] をクリックします。

  2. [* Cluster Details* (クラスタの詳細) ] ペインで、 [* クラスタ名の更新 * ] をクリックします。

  3. クラスタ名の更新 * ( Update Cluster Name * )ダイアログボックスで、クラスタの新しい名前を指定し、 * 送信 * ( Submit * )をクリックします。

クラスタのパスワードを変更

System Manager を使用して、クラスタのパスワードをリセットできます。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster*] > [* Configuration Updates* ] をクリックします。

  2. [* Cluster Details* (クラスタの詳細) ] ペインで、 [ * パスワードの変更 * ] をクリックします。

  3. [ パスワードの変更 ] ダイアログボックスで、新しいパスワードを指定し、確認のために新しいパスワードを入力し、 [ *Change ] をクリックします。

DNS 設定を編集します

System Manager を使用して、 DNS 設定を一元管理するためのホスト情報を追加できます。ドメイン名や IP アドレスを変更する場合に、 DNS の詳細を変更できます。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster*] > [* Configuration Updates* ] をクリックします。

  2. [Cluster Details] ペインで、 [Edit DNS Configuration*] をクリックします。

  3. [DNS Domains] 領域で、 DNS ドメイン名を追加または変更します。

  4. [* Name Servers* (ネームサーバ * ) ] 領域で、 IP アドレスを追加または変更します。

  5. [OK] をクリックします。

クラスタ管理論理インターフェイスを作成する

System Manager を使用して、クラスタ管理論理インターフェイス( LIF )を作成し、クラスタに単一の管理インターフェイスを提供できます。この LIF は、クラスタのあらゆるアクティビティの管理に使用できます。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster*] > [* Configuration Updates* ] をクリックします。

  2. [* Cluster Details* ] ペインで、 [* Create Cluster-management LIF* ] をクリックします。

  3. Create Cluster-Management LIF * ダイアログボックスで、クラスタ管理 LIF の名前を指定します。

  4. クラスタ管理 LIF に IP アドレスを割り当てます。

    状況 作業

    サブネットを使用して IP アドレスを指定します

    1. サブネットを使用する * を選択します。

    2. Add Details ダイアログボックスで、 IP アドレスを割り当てるサブネットを選択します。

      クラスタ間 LIF の場合、選択した IPspace に関連付けられているサブネットだけが表示されます。

    3. LIF に特定の IP アドレスを割り当てる場合は、「 * 特定の IP アドレスを使用する * 」を選択して、 IP アドレスを入力します。

      指定した IP アドレスがサブネット内にない場合、追加されます。

    4. [OK] をクリックします。

    サブネットを使用せずに手動で IP アドレスを指定します

    1. サブネットなし * を選択します。

    2. [ 詳細の追加 ] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。

      1. IP アドレスとネットワークマスクまたはプレフィックスを指定します。

      2. オプション:ゲートウェイを指定します。

      3. Destination フィールドにデフォルト値を使用しない場合は、新しい宛先値を指定します。

        値を指定しない場合は、 IP アドレスファミリーに基づいてデフォルト値が Destination フィールドに入力されます。

      ルートが存在しない場合は、ゲートウェイとデスティネーションに基づいて新しいルートが自動的に作成されます。

    3. [OK] をクリックします。

  5. [ ポートの詳細 * ( Port details * ) ] 領域から必要なポートを選択します。

  6. [ 作成( Create ) ] をクリックします。

ノード名を編集します

System Manager を使用して、必要に応じてノードの名前を変更することができます。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster*] > [* Configuration Updates* ] をクリックします。

  2. [ * ノード * ] タブで、名前を変更するノードを選択し、 [ ノード名の編集 ] をクリックします。

  3. ノード名の編集 * ( Edit Node Name * )ダイアログボックスでノードの新しい名前を入力し、 * 送信 * ( Submit * )をクリックします。

ノード管理論理インターフェイスを作成します

System Manager を使用して、クラスタ内の特定のノードを管理するための専用のノード管理論理インターフェイス( LIF )を作成できます。この LIF は、ノードのシステムメンテナンスを管理するために使用できます。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster*] > [* Configuration Updates* ] をクリックします。

  2. ノード * タブで、ノード管理 LIF を作成するノードを選択し、 * ノード管理 LIF の作成 * をクリックします。

  3. Create Node-Management LIF * ダイアログボックスで、ノード管理 LIF の名前を指定します。

  4. ノード管理 LIF に IP アドレスを割り当てます。

    状況 作業

    サブネットを使用して IP アドレスを指定します

    1. サブネットを使用する * を選択します。

    2. Add Details ダイアログボックスで、 IP アドレスを割り当てるサブネットを選択します。

      クラスタ間 LIF の場合、選択した IPspace に関連付けられているサブネットだけが表示されます。

    3. LIF に特定の IP アドレスを割り当てる場合は、「 * 特定の IP アドレスを使用する * 」を選択して、 IP アドレスを入力します。

      指定した IP アドレスがサブネット内にない場合、追加されます。

    4. [OK] をクリックします。

    サブネットを使用せずに手動で IP アドレスを指定します

    1. サブネットなし * を選択します。

    2. [ 詳細の追加 ] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。

      1. IP アドレスとネットワークマスクまたはプレフィックスを指定します。

      2. オプション:ゲートウェイを指定します。

      3. Destination フィールドにデフォルト値を使用しない場合は、新しい宛先値を指定します。

        値を指定しない場合は、 IP アドレスファミリーに基づいてデフォルト値が Destination フィールドに入力されます。

      ルートが存在しない場合は、ゲートウェイとデスティネーションに基づいて新しいルートが自動的に作成されます。

    3. [OK] をクリックします。

  5. ポートの詳細 * 領域から必要なポートを選択します。

  6. [ 作成( Create ) ] をクリックします。

次に何をするか

既存のノード管理 LIF を削除する場合は、コマンドラインインターフェイス( CLI )を使用する必要があります。

AutoSupport の設定を編集します

System Manager を使用して AutoSupport 設定を変更し、 E メール通知の送信に使用する E メールアドレスを指定したり、複数の E メールホスト名を追加したりできます。

手順
  1. * をクリックします> AutoSupport * 。

  2. AutoSupport 設定を変更するノードを選択し、 * 編集 * をクリックします。

  3. [Email Recipient] タブで、電子メール通知の送信元の電子メールアドレスを入力し、電子メール受信者と各電子メール受信者のメッセージコンテンツを指定してから、メールホストを追加します。

    E メールアドレスはホストごとに 5 つまで追加できます。

  4. [ その他 ] タブで、電子メールメッセージを配信する転送プロトコルを選択し、 HTTP または HTTPS プロキシサーバの詳細を指定します。

  5. [OK] をクリックします。