日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager ログファイルの表示 - ONTAP 9.7 以前

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用しているときに問題が発生した場合は、テクニカルサポートにログファイルを送信して問題のトラブルシューティングを行うことができます。System Manager のログファイルは、 ONTAP のログファイルと「 log 」ディレクトリに保存されます。

手順
  1. クラスタ管理 LIF をホストしているノードを特定します。

  2. Web ブラウザに「 + https://cluster-mgmt-LIF/spi+` 」と入力します

    「 cluster-mgmt-lif 」には、クラスタ管理 LIF の IP アドレスを指定します。

  3. クラスタ管理者のクレデンシャルを入力し、「 * OK 」をクリックします。

  4. Data ONTAP - Root Volume File Access * ウィンドウで、クラスタ管理 LIF をホストするノードの * logs * リンクをクリックします。

  5. 「 m log 」ディレクトリに移動して、 System Manager のログファイルにアクセスします。

    ログファイルには次のものがありますが、どのログファイルが必要かは問題の種類によって異なります。

    • 「 ysmgr.log 」です

      このファイルには、 System Manager の最新のログが含まれます。

    • 「 mGWd.log 」

    • 「 php. log 」と入力します

    • 「 apache_access.log 」

    • 「メッセージログ」

システムロギングの仕組み

システムロギングは、アプリケーションのトラブルシューティングに不可欠なツールです。システムロギングを有効にして、アプリケーションに問題があるときに、その問題を特定できるようにする必要があります。アプリケーションバイナリを変更することなく、 System Manager のロギングを実行時に有効化できます。

ログ出力は膨大な量になることがあるため、管理が困難になる可能性があります。System Manager では、出力するログステートメントのタイプを選択することにより、ロギングの出力を絞り込むことができます。デフォルトでは、システムロギングは INFO に設定されます。次のいずれかのログレベルを選択できます。

  • オフ

  • エラー

  • 警告

  • 情報

  • デバッグ

これらのレベルは階層的に機能します。ログレベルを off に設定すると、メッセージがロギングされません。