日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタピアリングを準備

寄稿者 NetAppZacharyWambold netapp-thomi

ONTAP 9.7 以前の ONTAP System Manager の classic インターフェイスを使用してクラスタピア関係を作成する前に、各クラスタの時刻が外部ネットワークタイムプロトコル( NTP )サーバと同期されていることを確認し、使用するサブネット、ポート、およびパスフレーズを特定する必要があります。

手順
  1. ONTAP 9.2 以前を実行している場合は、クラスタピア関係ごとに使用するパスフレーズを決定します。

    パスフレーズは 8 文字以上にする必要があります。

    関係

    パスフレーズ

    クラスタ A とクラスタ B

    ONTAP 9.3 以降では、クラスタピア関係を作成する際にリモートクラスタからパスフレーズを生成できます。

  2. クラスタ間 LIF に使用するサブネット、 IP アドレス、およびポートを特定します。

    デフォルトでは、 IP アドレスはサブネットから自動的に選択されます。IP アドレスを手動で指定する場合は、その IP アドレスがすでにサブネットにあるか、あとでサブネットに追加できることを確認する必要があります。サブネットに関する情報は、 [ ネットワーク ] タブで確認できます。

    次の表のような表を作成して、クラスタに関する情報を記録します。次の表は、各クラスタにノードが 4 つあることを前提としています。クラスタのノードが 4 つよりも多い場合は、追加情報に行を追加します。

    クラスタ A

    クラスタ B

    サブネット( ONTAP 9.2 以前)

    IP アドレス( ONTAP 9.3 以降、 ONTAP 9.2 以前ではオプション)

    ノード 1 のポート

    ノード 2 のポート

    ノード 3 のポート

    ノード 4 のポート