日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapVault 関係の作成( ONTAP 9.3 以降)

SnapVault バックアップを作成するには、ピア関係にあるそれぞれのクラスタのソースボリュームとデスティネーションボリュームの間で SnapVault 関係を作成する必要があります。

作業を開始する前に
  • デスティネーションクラスタのクラスタ管理者のユーザ名とパスワードが必要です。

  • デスティネーションアグリゲートの使用可能なスペースを確保する必要があります。

このタスクは * source * cluster で実行する必要があります。

手順
  1. [* ストレージ > ボリューム *] をクリックします。

  2. バックアップするボリュームを選択し、 * Actions * > * Protect * をクリックします。

    複数のソースボリュームを選択し、 1 つのデスティネーションボリュームとの SnapVault 関係を作成することもできます。

  3. [* Volumes] : Protect Volumes] ページで、次の情報を入力します。

    1. [ 関係タイプ * ( Relationship Type * ) ] ドロップダウンリストから [ * ボールト * ( * Vault * ) ] を選択する。

    2. デスティネーションクラスタ、デスティネーション SVM 、およびデスティネーションボリュームのサフィックスを選択します。

      デスティネーション SVM のリストには、ピア関係が設定された SVM と許可されている SVM のみが表示

    デスティネーションボリュームが自動的に作成されます。デスティネーションボリュームの名前は、ソースボリュームの名前にサフィックスを追加した名前になります。

    1. をクリックします

    2. [ 詳細オプション *] ダイアログボックスで、 [ 保護ポリシー *] が「 XDPDefault 」に設定されていることを確認します。

    3. [ 保護スケジュール ] を選択します。

      デフォルトでは、 [ 毎日 ] スケジュールが選択されています。

    4. SnapVault 関係の初期化で「 * Yes 」が選択されていることを確認します。

      デフォルトでは、すべてのデータ保護関係が初期化されます。

    5. [ 適用( Apply ) ] をクリックして、変更を保存する。

      SnapVault の詳細オプション
  4. [* Volumes] : [Protect Volumes] ページで、 [* Validate] をクリックして、ボリュームに SnapMirror ラベルが一致するかどうかを確認します。

  5. [ 保存( Save ) ] をクリックして、 SnapVault 関係を作成します。

  6. SnapVault 関係のステータスが「 SnapMirro 済み」であることを確認します。

    1. [*Volumes] ウィンドウに移動し、バックアップされたボリュームを選択します。

    2. ボリュームを展開し、 * protection * をクリックして、ボリュームのデータ保護ステータスを表示します。

    SnapVault 9 3.