日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

デスティネーションボリュームのステータスを確認

SnapMirror 関係を解除したら、デスティネーションボリュームに読み取り / 書き込みアクセスが設定されていること、およびデスティネーションボリュームの設定がソースボリュームと同じであることを確認する必要があります。

このタスクは、 * デスティネーション * クラスタから実行する必要があります。

手順
  1. [* Volumes (ボリューム) ] ウィンドウに移動します。

  2. * Volumes * リストからデスティネーション・ボリュームを選択し、デスティネーション・ボリュームのタイプが RW であることを確認します。これは、読み取り / 書き込みアクセスを示します。

  3. デスティネーションボリュームのシンプロビジョニング、重複排除、圧縮、自動拡張などの設定がソースボリュームと同じになっていることを確認します。

    SnapMirror 関係の作成後にメモしたボリューム設定情報を使用して、デスティネーションボリュームの設定を確認することができます。

  4. ボリュームの設定が一致しない場合は、必要に応じてデスティネーションボリュームの設定を変更します。

    1. [ 編集( Edit ) ] をクリックします。

    2. 必要に応じて、環境の一般設定、 Storage Efficiency 設定、および高度な設定を変更します。

    3. [ 保存して閉じる ] をクリックします。

      ボリュームの編集ダイアログボックスのスクリーンショット。
    4. ボリューム * リストの列が適切な値に更新されていることを確認します。

  5. デスティネーションボリュームの Snapshot コピーの作成を有効にします。

    1. ONTAP のバージョンに応じて、次のいずれかの方法で「 * ボリューム Snapshot コピーの設定 * 」ページに移動します。

      ONTAP 9.3 以降:デスティネーションボリュームを選択し、 * Actions * > * Manage Snapshots * > * Configure * をクリックします。

      ONTAP 9.2 以前:デスティネーションボリュームを選択し、 * Snapshot コピー * > * 設定 * をクリックします。

    2. Enable scheduled Snapshot Copies (スケジュールされた Snapshot コピーを有効にする)チェックボックスをオンにし、 * OK * をクリックします。

    ボリュームの Snapshot コピーを設定しています