日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SRA でデータストアを保護する

VMware vSphere 用の ONTAP ツールには、ディザスタリカバリを設定するために VSC で SRA 機能を使用できるようにするオプションがあります。

  • 必要なもの *

  • vCenter Server インスタンスをセットアップし、 ESXi を設定しておく必要があります。

  • ONTAP ツールを導入しておく必要があります。

  • Site Recovery Manager ( SRM )ディザスタリカバリ解決策を設定する場合のみ、 SRA プラグインの .msi ファイル、または SRM アプライアンスの .tar.gz ファイルをダウンロードしておく必要があります。

  • このタスクについて *

VASA Provider と SRA の機能を柔軟に有効化できるため、必要なワークフローだけを実行できます。

  • 手順 *

    1. VMware vSphere の Web ユーザインターフェイスにログインします。

    2. vSphere Client で、 * Menu * > * ONTAP tools Console * の順にクリックします。

    3. [* 設定 * ] をクリックします。

    4. [ 管理設定 *] タブの [ 機能の管理 *] をクリックします。

    5. Manage Capabilities * ダイアログボックスで、有効にする SRA 拡張機能を選択します。

    6. ONTAP ツールの IP アドレスと管理者パスワードを入力し、 * 適用 * をクリックします。

    7. SRA を導入するには、次のいずれかの方法を使用します。

      • Windows SRM * 用

      * SRM アプライアンスの場合 *

      1. ダウンロードした SRA プラグインの .msi インストーラをダブルクリックします。

      2. 画面に表示される指示に従います。

      3. 導入した ONTAP ツールの IP アドレスとパスワードを入力します。

      1. SRM アプライアンスページにアクセスし、 SRM アプライアンスの Storage Replication Adapters ページに移動します。

      2. [ 新しいアダプタ ] をクリックします。

      3. SRA プラグインの .tar.gz_installer を SRM にアップロードします。

      4. アダプタを再スキャンして、 [SRM Storage Replication Adapters] ページで詳細が更新されていることを確認します。

      選択した拡張機能が設定可能になったかどうかを確認するには、 vSphere Client からログアウトして、再度ログインする必要があります。

  • 関連情報 *