日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データアクセス用のデスティネーションボリュームを設定

寄稿者

デスティネーションボリュームを書き込み可能にしたあとで、データにアクセスできるようにそのボリュームを設定する必要があります。NAS クライアント、 NVMe サブシステム、および SAN ホストは、ソースボリュームが再アクティブ化されるまでの間、デスティネーションボリュームのデータにアクセスできます。

NAS 環境:

  1. ソースボリュームがソース SVM でマウントされていたのと同じジャンクションパスを使用して、 NAS ボリュームをネームスペースにマウントします。

  2. デスティネーションボリュームの CIFS 共有に適切な ACL を適用します。

  3. デスティネーションボリュームに NFS エクスポートポリシーを割り当てます。

  4. デスティネーションボリュームにクォータルールを適用します。

  5. デスティネーションボリュームにクライアントをリダイレクトします。

  6. NFS 共有と CIFS 共有をクライアントに再マウントします。

SAN 環境の場合:

  1. ボリューム内の LUN を適切なイニシエータグループにマッピングします。

  2. iSCSI の場合、 SAN ホストイニシエータから SAN LIF への iSCSI セッションを作成します。

  3. SAN クライアントで、ストレージの再スキャンを実行して接続された LUN を検出します。

NVMe 環境については、を参照してください "SAN 管理"