日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

既存の DP タイプの関係を XDP に変換します

寄稿者

既存の DP タイプの関係を簡単に XDP に変換して、バージョンに依存しない SnapMirror を活用できます。

SnapMirror では、既存の DP タイプの関係を XDP に自動的に変換しません。関係を変換するには、既存の関係を解除して削除し、新しい XDP 関係を作成して関係を再同期する必要があります。背景情報については、を参照してください "XDP は、 DP を SnapMirror のデフォルトとして置き換えます"

注記

SnapMirror 関係のタイプを DP から XDP に変換すると、オートサイズやスペースギャランティなどのスペース関連の設定はデスティネーションにレプリケートされなくなります。

手順
  1. 既存の DP タイプの関係を休止します。

    「 snapmirror quiesce - source_path_SVM : volume_|cluster : //SVM/volume、 ……」 -destination-path SVM : volume_cluster_,…​`

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    注記

    このコマンドはデスティネーション SVM またはデスティネーションクラスタから実行する必要があります。

    次の例では 'vm1 のソースボリューム volA' と 'vm_backup' のデスティネーションボリューム volA_dst の間の関係を休止します

    cluster_dst::> snapmirror quiesce -source-path svm1:volA -destination-path svm_backup:volA_dst
  2. 既存の DP タイプの関係を解除します。

    「 snapmirror break -source-path SVM : volume_|cluster : // SVM/volume、 ……」 -destination-path SVM : volume_cluster_,…​`

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    注記

    このコマンドはデスティネーション SVM またはデスティネーションクラスタから実行する必要があります。

    次の例では 'vm1 のソースボリューム volA' と 'vm_backup' のデスティネーションボリューム volA_dst の間の関係を解除します

    cluster_dst::> snapmirror break -source-path svm1:volA -destination-path svm_backup:volA_dst
  3. デスティネーションボリュームで Snapshot コピーの自動削除を無効にします。

    volume snapshot autodelete modify -vserver_svm_-volume _-enabled false

    次の例は、デスティネーションボリューム volA_dst で Snapshot コピーの自動削除を無効にします。

    cluster_dst::> volume snapshot autodelete modify -vserver svm_backup -volume volA_dst -enabled false
  4. 既存の DP タイプの関係を削除します。

    「 snapmirror delete -source-path SVM : volume_|cluster : // svm / volume、 ……」 -destination-path SVM : volume_cluster_,…​`

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    注記

    このコマンドはデスティネーション SVM またはデスティネーションクラスタから実行する必要があります。

    次の例は 'vm1 のソースボリューム volA' と 'vm_backup' のデスティネーションボリューム volA_dst の間の関係を削除します

    cluster_dst::> snapmirror delete -source-path svm1:volA -destination-path svm_backup:volA_dst
  5. 新しい XDP タイプの関係を作成します。

    「 Snapmirror create -source-path SVM : volume_|| クラスタ: //SVM/volume_、 …​ 」 -destination-path SVM : volume_|cluster : // SVM/volume,…​ -type XDP -schedule --policy_policy_policy_`

    新しい関係では、同じソースボリュームとデスティネーションボリュームを使用する必要があります。コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    注記

    このコマンドはデスティネーション SVM またはデスティネーションクラスタから実行する必要があります。

    次の例は、デフォルトの「 irrorAllSnapshots 」ポリシーを使用して、「 vm1 」上のソースボリューム「 volA' 」と「 vm_backup 」上のデスティネーションボリューム「 volA_dst 」との間に SnapMirror DR 関係を作成します。

    cluster_dst::> snapmirror create -source-path svm1:volA -destination-path svm_backup:volA_dst
    -type XDP -schedule my_daily -policy MirrorAllSnapshots
  6. ソースボリュームとデスティネーションボリュームを再同期します。

    「 snapmirror resync -source-path_SVM : volume_|| 」: // SVM /volume_,…​ -destination-path SVM : volume_cluster_,…​`

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    注記

    このコマンドはデスティネーション SVM またはデスティネーションクラスタから実行する必要があります。再同期の際にベースライン転送は不要ですが、再同期には時間がかかる場合があります。再同期はオフピークの時間帯に実行することを推奨します。

    次の例は 'vm1 のソースボリューム volA' と 'vm_backup' のデスティネーションボリューム volA_dst の間の関係を再同期します

    cluster_dst::> snapmirror resync -source-path svm1:volA -destination-path svm_backup:volA_dst

「 snapmirror show 」コマンドを使用して、 SnapMirror 関係が作成されたことを確認します。コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。