日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexGroup ボリュームを SVM-DR 関係内で FlexVol ボリュームに変換します

寄稿者

ONTAP 9.10.1 以降では、 FlexVol ボリュームを SVM-DR ソース上の FlexGroup ボリュームに変換できます。

必要なもの
  • 変換する FlexVol がオンラインになっている必要があります。

  • FlexVol ボリュームの処理と設定が変換プロセスに対応している必要があります。

    FlexVol ボリュームに互換性の問題があり、ボリューム変換がキャンセルされた場合は、エラーメッセージが生成されます。対処方法を実行し、変換を再試行できます。詳細については、を参照してください FlexVol ボリュームを FlexGroup ボリュームに変換する際の考慮事項

手順
  1. デスティネーションから、 SVM-DR 関係を更新します。

    * snapmirror update -destination-path destination_svm_name : -source-path source_SVM_name:*

  2. SVM-DR 関係が SnapMirrored 状態であり、かつ切断されていないことを確認します。

    「 * snapmirror show * 」

  3. デスティネーション SVM から、 FlexVol ボリュームで変換の準備が完了していることを確認します。

    ` * volume conversion start -vserver svm_name -volume vol_name -check-only true * 」という名前になります

  4. デスティネーションから、 SVM-DR 関係の転送を無効にします。

    * snapmirror quiesce -destination-path dest_SVM:*

  5. 変換を開始します。

    ` * volume conversion start -vserver svm_name -volume vol_name *`

  6. 変換が正常に完了したことを確認します。

    * volume show vol_name -fields -volume-style-extended 、 state *

    cluster-1::*> volume show my_volume -fields volume-style-extended,state
    
    vserver   volume     state    volume-style-extended
    -------       ---------     ------    ---------------------
    vs0     my_volume  online  flexgroup
  7. デスティネーションクラスタから、関係の転送を再開します。

    「 * snapmirror resume -destination-path dest_svm : * 」

  8. デスティネーションクラスタから更新を実行して、変換をデスティネーションに伝播します。

    「 * snapmirror update -destination-path dest_svm : * 」を参照してください

  9. SVM-DR 関係が SnapMirrored 状態であり、かつ切断されていないことを確認します。

    「 * snapmirror show * 」

  10. 変換がデスティネーションで行われたことを確認します。

    * volume show vol_name -fields -volume-style-extended 、 state *

    cluster-2::*> volume show my_volume -fields volume-style-extended,state
    
    vserver    volume       state     volume-style-extended
    -------       -------           ------     ---------------------
    vs0_dst   my_volume  online  flexgroup