日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

追加情報の参照先

寄稿者 netapp-thomi

NFS クライアントアクセスをテストしたあと、 NFS の追加設定を行ったり、 SAN アクセスを追加したりできます。プロトコルアクセスが完了したら、 Storage Virtual Machine ( SVM )のルートボリュームを保護する必要があります。

NFS の設定

NFS アクセスについてさらに詳しく設定するには、以下の情報とテクニカルレポートを参照してください。

ネットワーク構成

ネットワーク機能とネームサービスについてさらに詳しく設定するには、次の情報とテクニカルレポートを参照してください。

SAN プロトコルの設定

新しい SVM に対する SAN アクセスを提供または変更する場合は、 FC または iSCSI の設定情報を使用できます。この情報は、複数のホストオペレーティングシステムに対応しています。

ルートボリュームの保護

SVM でプロトコルを設定したら、ルートボリュームを保護してください。

  • "データ保護"

    負荷共有ミラーを作成して SVM ルートボリュームを保護する方法について説明しています。これは、 NAS 対応の SVM に対するネットアップのベストプラクティスです。また、 SVM ルートボリュームを負荷共有ミラーから昇格させてボリュームの障害や消失からリカバリする簡単な方法についても説明しています。