日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタ間 SVM ピア関係を作成する( ONTAP 9.3 以降)

寄稿者 netapp-thomi

「 vserver peer create 」コマンドを使用すると、ローカルクラスタとリモートクラスタの SVM 間にピア関係を作成できます。

必要なもの
  • ソースクラスタとデスティネーションクラスタのピア関係が確立されている必要があります。

  • クラスタで ONTAP 9.3 が実行されている必要があります。

  • リモートクラスタの SVM について、「事前承認」されたピア関係が必要です。

    詳細については、を参照してください "クラスタピア関係の作成( ONTAP 9.3 以降)"

ONTAP の以前のリリースでは、一度に 1 つの SVM のピア関係しか承認できず、保留中の SVM ピア関係を承認するたびに、「 vserver peer accept 」コマンドを実行する必要がありました。

ONTAP 9.3 以降では、クラスタピア関係の作成時に -initial-allowed-vserver オプションに SVM を指定することで、複数の SVM のピア関係を「事前承認」できます。詳細については、を参照してください "クラスタピア関係の作成( ONTAP 9.3 以降)"

手順
  1. データ保護のデスティネーションクラスタで、ピアリング対象として事前承認された SVM を表示します。

    vserver peer permission show

    cluster02::> vserver peer permission show
    Peer Cluster         Vserver               Applications
    -------------------  --------------------  --------------------
    cluster02            vs1,vs2               snapmirror
  2. データ保護のソースクラスタで、データ保護のデスティネーションクラスタ上の事前承認された SVM とのピア関係を作成します。

    「 vserver peer create -vserver local_svm _ -peer-vserver_remote_SVM_` 」のように指定します

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例では、ローカル SVM 「 pvs1 」と事前承認されたリモート SVM 「 vs1 」の間にピア関係を作成します。

    cluster01::> vserver peer create -vserver pvs1 -peer-vserver vs1
  3. SVM ピア関係を確認します。

    vserver peer show

    cluster01::> vserver peer show
                Peer        Peer                           Peering        Remote
    Vserver     Vserver     State        Peer Cluster      Applications   Vserver
    ----------- ----------- ------------ ----------------- -------------- ---------
    pvs1        vs1         peered       cluster02         snapmirror     vs1