日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リバート前に FlexGroup ボリュームの qtree 機能を無効にする

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ONTAP 9.3 より前のバージョンでは、 FlexGroup ボリュームの qtree がサポートされません。ONTAP 9.3 を以前のバージョンの ONTAP にリバートする前に、 FlexGroup ボリュームの qtree 機能を無効にする必要があります。

qtree を作成するか、デフォルトの qtree の security-style および oplock-mode 属性を変更すると、 qtree 機能が有効になります。

  1. qtree 機能が有効になっている各 FlexGroup ボリューム内の、デフォルト以外のすべての qtree を特定して削除します。

    1. advanced 権限レベル「 set -privilege advanced 」にログインします

    2. qtree 機能が有効になっている FlexGroup ボリュームがないか確認してください。

      ONTAP 9.6 以降では、「 volume show is-qtree-caching-enabled true 」を使用します

      ONTAP 9.5 以前では、「 volume show -is-flexgroup qtree-enabled true 」を使用してください

      cluster1::*> volume show -is-flexgroup-qtree-enabled true
      Vserver   Volume       Aggregate    State      Type       Size  Available Used%
      --------- ------------ ------------ ---------- ---- ---------- ---------- -----
      vs0       fg           -            online     RW        320MB    220.4MB   31%
    3. qtree 機能が有効になっている各 FlexGroup ボリューム内の、デフォルト以外のすべての qtree を削除します。 volume qtree delete -vserver SVM_name -volume volume_name -qtree qtree_name

      デフォルトの qtree の属性を変更したために qtree 機能が有効になっている場合や、 qtree が 1 つもない場合は、この手順を省略できます。

    cluster1::*> volume qtree delete -vserver vs0 -volume fg -qtree qtree4
    WARNING: Are you sure you want to delete qtree qtree4 in volume fg vserver vs0?  {y|n}: y
    [Job 38] Job is queued: Delete qtree qtree4 in volume fg vserver vs0.
  2. 各 FlexGroup ボリュームの qtree 機能を無効にします。 volume FlexGroup qtree-disable -vserver SVM_name -volume volume_name

    cluster1::*> volume flexgroup qtree-disable -vserver vs0 -volume fg
  3. qtree 機能が有効になっている Snapshot コピーを特定し、削除します。

    1. qtree 機能が有効になっている Snapshot コピーがないか確認します。 volume snapshot show -vserver vserver_name -volume volume_name -fields is-flexgroup -qtree enabled

      cluster1::*> volume snapshot show -vserver vs0 -volume fg -fields is-flexgroup-qtree-enabled
      vserver volume snapshot is-flexgroup-qtree-enabled
      ------- ------ -------- --------------------------
      vs0     fg     fg_snap1 true
      vs0     fg     daily.2017-09-27_0010 true
      vs0     fg     daily.2017-09-28_0010 true
      vs0     fg     snapmirror.0241f354-a865-11e7-a1c0-00a098a71764_2147867740.2017-10-04_124524 true
    2. qtree 機能が有効になっている Snapshot コピーをすべて削除します。 volume snapshot delete -vserver SVM_name -volume volume_name -snapshot snapshot_name -force true -ignore-ownerstrue

      削除する必要がある Snapshot コピーは、通常の Snapshot コピーと、 SnapMirror 関係用に作成された Snapshot コピーです。ONTAP 9.2 以前を実行しているデスティネーションクラスタを使用して FlexGroup ボリュームの SnapMirror 関係を作成した場合は、ソース FlexGroup ボリュームの qtree 機能が有効なときに作成された Snapshot コピーをすべて削除する必要があります。

    cluster1::> volume snapshot delete -vserver vs0 -volume fg -snapshot daily.2017-09-27_0010 -force true -ignore-owners true
    • 関連情報 *