日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexClone LUN を使用してデータの概要を保護します

寄稿者 netapp-thomi

FlexClone LUN は、アクティブボリューム内や Snapshot コピー内にある別の LUN の書き込み可能なポイントインタイムコピーです。クローンとその親は、相互に影響を及ぼさずに個別に変更できます。

FlexClone LUN は、最初は親 LUN とスペースを共有します。デフォルトでは、 FlexClone LUN は親 LUN のスペースリザーブ属性を継承します。たとえば、親 LUN がスペースリザーブなしの場合は、 FlexClone LUN もデフォルトでスペースリザーブなしになります。ただし、スペースリザーブ LUN である親から、スペースリザーブなしの FlexClone LUN を作成することもできます。

LUN クローンの作成時にはバックグラウンドでブロック共有が発生し、ブロック共有が終了するまでボリュームの Snapshot コピーは作成できません。

volume snapshot autodelete modify コマンドを使用して、ボリューム側で FlexClone LUN の自動削除機能を有効にする必要があります。有効にしない場合、 FlexClone LUN を自動削除したくても、ボリュームで FlexClone の自動削除が有効になっていないため、 FlexClone LUN は削除されません。

FlexClone LUN を作成すると、 FlexClone LUN の自動削除機能がデフォルトで無効になります。FlexClone LUN を自動削除できるようにするには、 FlexClone LUN ごとに FlexClone LUN を手動で有効にする必要があります。ボリュームのセミシックプロビジョニングを使用している場合に、このオプションが提供する「ベストエフォート」の書き込み保証が必要な場合は、 _ALL_FlexClone LUN を自動削除できるようにする必要があります。

注記

Snapshot コピーから FlexClone LUN を作成すると、スペース効率に優れたバックグラウンドプロセスを使用して、 LUN が自動的に Snapshot コピーからスプリットされます。そのため、 LUN が Snapshot コピーに依存したり、追加スペースを消費したりすることはなくなります。このバックグラウンドスプリットが終了する前に Snapshot コピーが自動的に削除された場合、その FlexClone LUN は、 FlexClone LUN の自動削除機能が無効になっていても削除されます。バックグラウンドスプリットが完了したあとは、 Snapshot コピーが削除されても、 FlexClone LUN は削除されません。